Home / ガジェット / 強化ガラスフィルム – WANLOK 2015の綺麗な貼り方とレビュー

強化ガラスフィルム – WANLOK 2015の綺麗な貼り方とレビュー

強化ガラスフィルム - WANLOK 2015の綺麗な貼り方とレビュー先日Xperiaちゃんの背面ガラスが落下のため割れてしまいました。
とても悲しい出来事です。
Z3の背面ガラスはかなり薄いらしく結構軽いショックでも割れてしまうみたい。
というわけで、今回はもう貼らないと思っていた強化ガラスフィルムを前面と背面と本体の裏表に貼り付けました。
やっぱり、Xperiaでケースをつけるわけにはいかないので苦肉の策です…

先日Xperiaちゃんの背面ガラスが落下のため割れてしまいました。 とても悲しい出来事です。 Z3の…

Review:WANLOK 2015 ガラスフィルム(9H) for XperiaZ3

画面フィット感
強度
透明度
指滑り
コストパフォーマンス

Good!

最大の特徴はコストパフォーマンス。1,000円以下で日本製のガラスを使用しているのは安心。2.5Dラウンドエッジ加工もしてあり、引っかかる事も無い。厚さも0.3mmなので特に気にならない。表面硬度も9Hあるので他の製品と変らない。画面全体にぴったりフィットするようになっているので貼っている感がなく良い。

User Rating: 3.65 ( 4 votes)
86

スポンサーリンク

WANLOK 2015 新設計強化ガラスフィルム for XperiaZ3

WANLOK 2015 新設計強化ガラスフィルム for XperiaZ3Xperiaちゃんの液晶が次割れたら困ってしまうけどケースつけるのはいやなので強化ガラスフィルムを貼り付けました。
全面より完全に背面の方が弱いみたいなので、背面だけ強化にしようと思いましたが割と安価で良い物が手に入ったので両面共に強化ガラスにしました。

この商品はAmazonでかなり評価が良く安かったのでダメ元で購入してみました。
探せばまだまだ安い物は見つかったけど、中華性のガラス使っていたり品質悪そうなのでこの商品にしました。
この商品は日本板硝子株式会社(NSG)のガラスを利用して作られているみたいです。
この値段で日本製のガラス使ってる物もあるんですね…

画面幅ぴったりサイズ!

強化ガラスフィルム - WANLOK 2015の綺麗な貼り方とレビュー個人的には一番気になるところです。
中途半端に切れていて、いかにも何か貼ってあるような設計の保護シールありますよね。
あれがいやなんですよね。なんか美しくない
これは画面幅ぴったりで前面は「カメラ」、「接近センサー」、「マイク」、「スピーカー」と必要最低限の所を綺麗にカットしてあるので貼っている感じが全然しません。
これ超重要。

硬度9H

強化ガラスフィルム - WANLOK 2015の綺麗な貼り方とレビュー硬度9Hと良くガラスフィルムで見かけるけどどれくらい固いのか分からない。
カッターでガリガリやっても傷つかないって書いてあったから、ナイフでガリガリやってみました。
結果は全く問題なし
傷どころか何もついていませんでした。

ちなみに9Hって言うのは鉛筆でガリガリやって傷が付くのか評価しているらしい。
9Hがどのくらいの堅さなのか分からない…

カッターやナイフで平気だから、鍵とか砂利ぐらいなら平気だと思う。
Surefireはアルミニウム合金で怖いから流石にやらなかったw

厚さ0.3mm

強化ガラスフィルム - WANLOK 2015の綺麗な貼り方とレビュー厚さ0.3mmがどのくらいなのか実感がわかなかった。
実際に貼ってみると両面貼ってみても気にならない
この製品は「ラウンドエッジ加工」もキチンとしているので、引っかかる事自体がないからだと思います。
ラウンドエッジ加工とは、フィルムの端を半円に加工することで引っかからないようにする加工のことです。

使用上は特に問題ありませんが、充電スタンドに入らなくなります!
しかし、Z3にはケース装着用のアタッチメントがあらかじめ付属しているので付け替えてやれば問題なく充電出来ます。
もう使わなくて忘れている人もいると思うので画像を載せておきます。
強化ガラスフィルム - WANLOK 2015の綺麗な貼り方とレビュー

透明度は?

強化ガラスフィルム - WANLOK 2015の綺麗な貼り方とレビュー液晶保護フィルムだと薄くて光沢タイプならそんなに気になることがなかったけど、強化ガラスは厚いから少し心配でした。
貼って使ってみた感想としては気にならないです。

裸状態と、ガラスフィルムの比較画像を見ても変らないと思います。特に透明度は気にしなくて平気です。
フィルムと比べると逆に写りは良くなった気がします。

ガラスフィルムを貼るコツ

ホントは両面撮影したかったんですが、前面撮影中にまさかのバッテリー切れで最初の10秒ぐらいしか映っていないというアクシデントにより、裏面(背面)のみです。
ガラスフィルムは割れやすくて何度もホコリを抜き取ることが出来ません
出来ると思うけど精神衛生上難しいです。

なので最初にどれだけホコリを取るかが結構決め手になります。
ホコリ一つぐらいなら入ってもオレは気にならないと思っている貴方!

ガラスフィルムの中のホコリは液晶保護フィルムと比較にならないぐらい目立ちます。
完全に支障が出てます。
強化ガラスフィルム - WANLOK 2015の綺麗な貼り方とレビュー中央付近に一つホコリが入ってしまっています。画像だと伝わりにくいですが、かなり気になります。

強化ガラスフィルム - WANLOK 2015の綺麗な貼り方とレビュー取り除いてやることでかなりスッキリして、綺麗な画面で使用できます。
ホコリは一つも入れてはいけません。全部取り除きましょう。

まとめ

この製品両面で1,700円です。片面850円というコスパなのに使用素材は日本製。
かなり良いです。今現在特に悪いところもありません。

ガラスフィルムに特にこだわりが無ければ是非使ってみて下さい。

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!


スポンサーリンク

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

ヘルメットの振動でグループ通話ができるスノースポーツヘッドギアをSONYが発表

SONYから、スノースポーツを …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.