Home / ガジェット / 一眼レフカメラ / Sony α99 II ファン待望のAマウントフラッグシップが4,240万画素・12コマ/秒連写で登場

Sony α99 II ファン待望のAマウントフラッグシップが4,240万画素・12コマ/秒連写で登場

Sony α99 II ファン待望のAマウントフラッグシップが4,240万画素・5軸手ぶれ補正で登場ついに!

ついに!ついに!ついに!

Aマウントのフラッグシップマシンα99に後継機が登場しました!

ソニーが9月19日欧米で「α99 II」を発表しました。Aマウントフラッグシップマシンのα99後継機となります。

有効4,240万画素の35ミリフルサイズCMOSセンサーを搭載していて、価格は3199.99ドル(約33万円)で今年11月に発売予定です。


スポンサーリンク

α99 II – Product Feature

完全にEOS 5D Mark IV(5D4)を超えたスペック

ソニーはAマウント機のフラッグシップマシンをα99 IIとし、Eマウント機のフラッグシップマシンをα7R IIとするダブルフラッグシップ体勢を取っていくようです。

Aマウントユーザはずっと「Aマウントはソニーに見捨てられた」と思っていた方が多いと思うので、今回のサプライズ発表はみんな喜んでいることだと思います。

そして、1番の特徴はα99 IIはα7R IIと同じ35mmフルサイズの4,240万画素のCMOSイメージセンサーを搭載しているにもかかわらず、AF/EF追従の12コマ/秒連写を実現しているところです。

α99 IIの詳細スペック

    ・マウント:ソニーAマウント
    ・撮像素子:35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサー
    ・総画素数:約4360万画素
    ・有効画素数:約4240万画素
    ・カードスロット:デュアルカードスロット
    ・記録メディア:メモリースティックPROデュオ/PRO-HGデュオ、SD/SDHC/SDXCメモリーカード(UHS-I準拠)
    ・手ブレ補正:ボディ内5軸手ブレ補正/約4.5段分
    ・オートフォーカス方式:79点ハイブリッド(399点像面位相差AF)4D FOCUS
    ・シャッタースピード:1/8000〜30秒・バルブ
    ・オートフォーカス対応輝度:-4〜+18EV
    ・最高連続撮影速度:約12コマ/秒
    ・常用ISO感度:ISO100〜25600(AUTO時ISO100〜6400、下限・上限設定可能)
    ・拡張ISO感度:ISO50〜ISO102400
    ・動画時ISO感度:ISO100〜25600( AUTO時ISO100〜6400、下限・上限設定可能)
    ・動画記録:4K(3840×2160/30p/100Mbps)等
    ・ファインダー:約236万ドット電子ビューファインダー
    ・ファインダー視野率:100%
    ・ファインダー倍率:約0.78倍
    ・液晶モニター種別:3軸チルト式TFT液晶モニター
    ・液晶モニターサイズ:3.0型
    ・液晶モニター解像度:約123万ドット
    ・アンチフリッカー:搭載
    ・撮影可能枚数:約390枚(EVF撮影時)/約490ショット(液晶モニター撮影時)
    ・動画記録時間(実撮影時間):約85分(EVF撮影時)/約85分(液晶モニター撮影時)
    ・外形寸法:約142.6×104.2×76.1mm
    ・質量:849g(バッテリー・メモリーカード含む)
    ・発売時期:2016年11月予定
    ・ボディ価格:3200ドル

参考:sony.com

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!


スポンサーリンク

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

ポケモンGO 12月に第2世代ポケモンとミュウ・ミュウツー・伝説のポケモンも追加と対人バトルと交換機能も実装か

先日「ポケモンGO(Pokem …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.