The Divisionのプロシージャル技術を利用した超リアルな破壊表現ををまとめた検証動画が公開

The Divisionのプロシージャル技術を利用した超リアルな破壊表現ををまとめた検証動画が公開コレは凄いね。話題に上がりっぱなしの「Tom Clancy’s The Division」の破壊表現に注目した検証動画が公開されました。

The Divisionはプロシージャルマテリアルベースの非常にリアルな破壊表現が再現されています。

これはね。凄すぎる。そこら辺にある物全てのオブジェクトにちゃんと破壊表現が再現されている。すごいリアルだよ。

今回紹介する動画で注目して欲しいのは、単なるテクスチャの貼り付けじゃなくて全てのオブジェクトが現実の本物に近い表現を行えている所です。金属に穴が開くときに起きる摩擦で発熱したり、パネルの方式によって壊れ方が変わるモニタ。タイルも銃や打ち方によって破壊表現が変わります。

こちらの記事もどうぞ

プロシージャルマテリアルベースとは?

今まではオブジェクトを作成して人力で判定や動作を定義していましたが、プロシージャルとは計算によってデータや動作を作成して定義する技術です。

導入コストや高度な技術レベルのノウハウ等が必要になりますが、扱えるようになれば開発費が抑えられ、人力よりも多くの物に多くの表現を与える事が出来ます。

Divisionにはこのプロシージャル技術が導入されていて、アニメーションや破壊表現はゲーム内で環境に応じてシミュレートされています。

なんか調べた感じだとこんな感じの技術らしいけど、間違ってたら指摘してね。

Beauty in the small things


ディビジョン - PS4

ディビジョン - PS4

3,794円(09/23 18:22時点)
Amazonの情報を掲載しています

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

PS5を50万円で転売する悪質な出品者!キャンセルで迷惑料7万円を請求

2020年9月18日から予約開 …

ついにPS5予約開始!Amazonでは50万円という転売価格でも完売か

2020年9月18日 10時か …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.