Home / ゲーム / The Division / 紙幣の流通から拡大したパンデミック「The Division」の社会が崩壊した背景を解説した映像

紙幣の流通から拡大したパンデミック「The Division」の社会が崩壊した背景を解説した映像

紙幣の流通から拡大したパンデミック「The Division」の社会が崩壊した背景を解説した映像いよいよ発売日まで3日の「ディビジョン」ですが、ニューヨークが何故ウィルスによるパンデミックに襲われてしまったのかを解説した日本語吹き替え動画が公開されました。

現在の社会や都市機能がどのように崩壊していくのかを詳細に解説しています。

本作は実際にアメリカで行われていたシミュレーション「ダーク・ウィンター」をベースに作られているので、その事についても触れられています。しかし、紙幣の上でインフルエンザウィルスが17日間も生存できるなんて知らなかったです。確かに紙幣は怖いですね。

ブラックフライデーと紙幣が原因で始まるかも知れない爆発的なアウトブレイクによって崩壊していく社会や都市機能を解説している非常に興味深い映像です。


スポンサーリンク

ストーリーコンセプト解説トレーラー


この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!


スポンサーリンク

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

ポケモンGO イオン・まいばすけっと・マックスバリュなどがポケストップへ

今月は第2世代ポケモン(金・銀 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.