GTA6は5とRDR2のマップを合わせた規模!80年代から現代までの時系列が存在するとリーク

大人気ゲーム「GTA」シリーズですが、次回作「GTA6」に関するリークや噂が次々と出てきています。

いよいよ開発が進んできているのか、それともファンがしびれを切らして妄想を書き上げているのかは公式発表があるまで不明ですが、今回のリーク情報はファンとしては非常に実現してくれると楽しそうだと思える内容です。

今回のリーク情報は「GTA5の様に主人公として4人のプレイアブルキャラクターが登場」「GTA5とRDR2を合わせた程度のマップ規模」「1980年代から現代までスキップすることができる時系列システム」「スリーピング・ドッグにインスパイアされたパルクールシステム」「RDR2の格闘戦システム」など様々な詳細情報が含まれていました。

個人的にはマップ規模に関してはGTA5程度の広さで良いので、もう少し作り込んで中に入ったりイベントがあったりして欲しいです。

時間をスキップすることができる時系列システムは、非常に面白そうですが、各時代でマップやNPCを作らないと行けないのでロックスターのスタッフは自宅で過ごす時間の大部分をゲーム開発に吸い取られそうです。

新型コロナの影響で例えGTA6の開発が行われていたとしてもリリースや発表時期が遅れることは間違いないので、今後も気長に公式発表を待ちましょう。

グランド・セフト・オート6の詳細が掲示板にリーク

ゲームには合計4人のプレイアブルキャラクターが登場することになっている。プレイアブルマップは『GTA V』と『RDR2』のマップを合わせたものと同じくらいの広さで、Vice Cityもその一部となる可能性があるという。

ゲームの一部は1980年代を舞台にしていますが、現代にタイムスリップしています。ミッションもノンリニアで、GTA VやRDR2の時よりもさらにノンリニアになっています。徒歩でのトラバーサルは改善され、スリーピングドッグスにインスパイアされたパルクールシステムが実装されています。また、RDR2のハンド・トゥ・ハンドの戦闘システムも利用すると報じられています。
参考:lowyat.net

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

みずほ銀行ATMが通帳や現金を飲み込む障害報告相次ぐ!2時間以上拘束された人やドアロックで監禁状態の人も

2021年2月28日、みずほ銀 …

映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」2021年3月8日公開決定!新予告編も登場

新型コロナウイルスの感染拡大で …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.