北海道北見市でリアル悪魔のZが発見されてしまう!まるで狂おしく身をよじるように

人気首都高カーバトル漫画「湾岸ミッドナイト」に登場する、主人公の搭乗車両「日産・フェアレディZ(S30)」こと「悪魔のZ」ですが、まるで原作と同じようにスクラップ車両として存在している姿が北海道北見市で発見されたと話題になっています。

悪魔のZは地獄のチューナーこと北見淳が手がけた車で、彼の最高傑作です。

「まるで狂おしく身をよじるように、走るという」気味の悪い走りから、走り屋達の間では「悪魔のZ」と呼ばれるようになりました。

Twitterで報告されているS30Zの様子も、湾岸ミッドナイトを知っているからかわかりませんが、非常に存在感があり、復活して首都高を走るのを今か今かと待っているように見えます。

報告された場所の付近に住んでいるTwitterユーザによると、約20年以上前からこの場所にあったとのコメントがあるので、もしかするとかなり昔から存在していたのかもしれません。

他にも近所に悪魔のZがいたという目撃情報が多数報告されています。

公道300km/h。そんなバカげた世界はもう終わりですか。みんなかしこまってつまんないですヨ。こんなクルマがこの場所にはいるのに。

こちらの記事もどうぞ

北見市で見つかった悪魔のZ(S30)

他にも悪魔のZの目撃情報が多数報告される

銀灰のスピードスター SERIES2 GT-R(RB26) (ビッグコミックス)

銀灰のスピードスター SERIES2 GT-R(RB26) (ビッグコミックス)

楠 みちはる
607円(10/30 07:18時点)
発売日: 2015/05/29
Amazonの情報を掲載しています

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

Go Toトラベルの割引額がまさかの課税対象と判明!Go Toキャンペーン利用者は要注意

国内旅行代金の50%相当額を国 …

PS5が予約できない人もクリスマス前後までに購入可能か!SIE・CEOが生産を急ピッチで続けていると発表

現在全世界で激しい予約戦争が繰 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.