Home / ゲーム / ポケモン / ポケモンGO / ポケモンGO 鳥取砂丘イベントは3日間で約8.7万人が来場し経済効果は十数億円の大成功!

ポケモンGO 鳥取砂丘イベントは3日間で約8.7万人が来場し経済効果は十数億円の大成功!

ポケモンGO 鳥取砂丘イベントは3日間で約8.7万人が来場し経済効果は十数億円の大成功!鳥取県の鳥取砂丘で開催されていた「ポケモンGO(Pokemon GO)」のリアルイベント「Pokemon GO Safari Zone in 鳥取砂丘」の来場者数と経済効果を鳥取県広報課がコメントしたようです。

鳥取県は当初3日間で3万人の来場者を見込んでいたところ、初日だけで1.5万人が来場し、3日間で約8万7千人が来場するという予想の約3倍を行く大成功を収めました。

また、経済効果は十数億円に上っていて地方の活性化に、町おこしとしてポケモンGOの効果は極めて有効だと「横浜イベント」に続いて証明された形です。

横浜イベントの時は7日間で200万人以上という数字が発表されましたが、経済効果は発表されていません。

今回のイベントに単純に当てはめると約350億円の経済効果を生み出していたと言えるので、今後地方でポケモンGOの誘致により一層力が入りそうです。

来年度の予算に既にポケモンGO誘致用の予算が組み込まれている地方自治体も多そうですね。

鳥取砂丘で「ポケモンGO」、3日間で8万7000人来場 経済効果は十数億円

鳥取県が11月24~26日、スマートフォンゲーム「Pokemon GO」(ポケモンGO)のコラボレーションイベントを鳥取砂丘(鳥取市)などで開催し、砂丘に延べ8万7000人程が来場した。県庁広報課によれば「経済効果は詳しく調べている段階だが、十数億円とみられる」という。

県庁広報課の岡本圭司さんによれば、26日午後3時時点で約8万7000人が砂丘を訪れた。「当初は県内からの来場が多いと見込んでいたが、県外からの来場が予想以上に多く、消費行動にもつながった」とし、経済効果は十数億円に上るという。「ゲームと同時に砂丘の魅力、鳥取県の味覚などを感じる機会にもなったのでは」
参考:itmedia.co.jp

おすすめ記事

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。

その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。

バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

「PlayStation VR+GTスポーツ」がAmazonにて199ドルで販売中!日本での定価の半額以下

先日、ブラックフライデーセール …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.