岸田首相がウクライナ訪問時にうまい棒ではなく「日露戦争勝利時の縁起物」を贈呈と判明!実質ロシアに対する宣戦布告の強いメッセージ

2023年3月21日、岸田文雄首相がウクライナを電撃訪問した際に、うまい棒のダンボールが写り込んだことから、ウクライナへの支援物資として「うまい棒 やきとり味」を贈呈するのではないかと話題になりましたが、実際には「必勝しゃもじ」と「折り鶴ランプ」を贈呈していたことが判明しました。

日清戦争や日露戦争が起きた際に、しゃもじで「飯取る」ことを「敵をめしとる」という語呂合わせの元、日本兵がしゃもじを厳島神社に奉納していたという説があります。

日露戦争で日本は当時のロシアに勝利しているという歴史があるなか、ウクライナに対して「必勝」と書かれた日露戦争勝利時の縁起物に贈呈することは、非常に強いメッセージを送っていることになります。

ネット上では「千羽鶴よりいらない」という反応から、「凄いメッセージ」「ウクライナの勝利確定」という反応まで出てきています。

これ選挙のノリじゃなくて、マジでメッセージ伝えるためだったとしたら強烈なインパクトだ。「ロシアをぶち殺せ」ってことだもんね…
ロシアも何かアクション起こしてきそう。

こちらの記事もオススメです!

岸田首相、ゼレンスキー大統領に「必勝しゃもじ」と「折り鶴ランプ」を贈呈

松野博一官房長官は23日午後の記者会見で、ウクライナを訪問した岸田文雄首相が、ゼレンスキー大統領への贈呈品として、首相の地元名産のしゃもじと折り鶴をモチーフにしたランプを持参したと明らかにした。

松野氏は贈呈品の選定理由について「ロシアによるウクライナ侵略に立ち向かうゼレンスキー大統領への激励と平和を祈念する思いを伝達するためだ」と説明した。

政府関係者によると、しゃもじは広島県の宮島産で、「必勝」の文字と「岸田文雄」の署名が入っている。ランプは広島の焼き物「宮島お砂焼き」によるもの。

しゃもじは「敵を召し(飯)取る」との意味で、験担ぎにも使われている。日清・日露戦争では戦場に向かう兵士が多くのしゃもじを奉納したといわれている。

参照:sankei.com

必勝しゃもじの画像

ネット上の反応

日露戦争の際に宇品港から出征する兵士が「飯取る=召し捕る」の語呂で無事を願って厳島神社に奉納したこともある宮島のしゃもじ
それに嘗てロシアに勝った国の首相の名で“必勝”の文字刻んで贈るって日露戦争当時、同盟国やった英国ですらびっくりするやろ

日露戦争由来のおしゃも…!!!!
これが殺傷能力のない装備ってやつか!!!!

キッシー外交つよつよ

必勝しゃもじて
野球みたいなノリで何しとんの
これは戦争やぞ
それをわかっててやったとしたら
ロシアと全面抗戦になるな、日本も

既に他の人が言っているように、ただのうまい棒の方が食べられるだけ良かったのでは…?

まじか。超いらねえw

ロシアが意味を理解しないことを祈る

やおきん うまい棒 やきとり味 6g×30袋

やおきん うまい棒 やきとり味 6g×30袋

300円(06/21 19:13時点)
Amazonの情報を掲載しています

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

執筆者 SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に紹介していました。その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。自動車、ゲーム関係、今日のプリウス系が得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきます。

この記事もチェック!

名古屋で外国人運転手が飲酒・信号無視で乗用車に突撃する事故「外人の飲酒運転許さん」

愛知県名古屋市の交差点で、コン …

首都高・大黒PAでイキリダッシュのチェイサーが壁に刺さる事故!ダサすぎると話題に

首都高・大黒PAで、イキリダッ …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.