ホーム / ニュース / 草津白根山が噴火!入山規制を示す噴火警戒レベル3に

草津白根山が噴火!入山規制を示す噴火警戒レベル3に

草津白根山が噴火!入山規制を示す噴火警戒レベル3に1月23日、群馬県北西部にある草津白根山で噴火が発生した模様。

気象庁は噴火警戒レベルを「入山規制」を示すレベル3に引き上げて、本白根山の鏡池付近からおよそ2キロの範囲で噴石などに警戒するように呼びかけています。

既に噴石で14人がけが、訓練中の自衛隊員4人が雪崩に巻き込まれ1人行方不明とのこと。

あんな噴石がいきなり飛んできたら怖いね…

付近にいる方は今後の情報に注意して警戒してください。

こちらの記事もどうぞ

現地の様子

草津白根山が噴火のもよう 噴火警戒レベル3に 気象庁

23日午前、群馬県の北西部にある草津白根山で噴火が発生したと見られ、火口から1キロ以上のところまで噴石が飛んだのが確認されました。気象庁は午前11時50分、「噴火警戒レベル」を「入山規制」を示すレベル3に引き上げ、本白根山の鏡池付近からおよそ2キロの範囲では噴石などに警戒するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、23日午前9時59分ごろに、本白根山の傾斜計と呼ばれる観測機器で地盤の変動が観測されたほか、振幅の大きな火山性微動も観測されました。また、東京工業大学の観測で本白根山の鏡池付近の火口から1キロ以上離れた場所で噴石が確認されたということです。

このため、気象庁は「草津白根山の本白根山が噴火したもようだ」と発表しました。気象庁は、草津白根山では、今後、さらに噴火が起きるおそれがあるとして、午前11時50分、火口周辺警報を発表し、噴火警戒レベルを「火口周辺規制」を示すレベル2から「入山規制」を示すレベル3に引き上げました。本白根山の鏡池付近からおよそ2キロの範囲では噴石などに警戒するよう呼びかけています。
参考:www3.nhk.or.jp

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。 その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。 バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

映画「トイ・ストーリー4」日本公開が2019年7月12日決定!新キャラ「フォーキー」登場の映像も公開

ディズニー映画「トイ・ストーリ …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.