コインチェックがクラッカーに盗まれたNEMをハッカーが追跡「盗まれた資金全て把握」

コインチェックがクラッカーに盗まれたNEMをハッカーが追跡「盗まれた資金全て把握」1月26日に日本国内取引所「コインチェック(Coincheck)」から5億2300万XEM(約580億円相当)が盗まれて、コインチェックでの取引が現在も停止している事件が起きました。

原因は不正アクセスで、全ての資金をマルチシグを欠けずに、ホットウォレットで保管していた事が原因では無いかと言われています。

この盗まれたNEMですが、現在日本人ハッカー(自称17歳JK)が現在追跡中で「盗まれた資金は全て追えている」との事。

日本ではホワイトハッカーと呼ばれるハッカーはNEMコミュニティの日本人開発者で、どうやらNEMのモザイクという仕組みを利用して、盗難した犯人のアドレスからの送金にマーキングして、犯人の追尾を行っているようです。

例えると「盗まれた資金追って犯人の金庫と資金を確認したから、全ての資金に「この通貨はコインチェックから盗まれた物なので取引は拒否してね。」と書き込んでやったぜ!!」ということ。

そんな文字が書かれた通貨は受け取りたくないし、受け取っても使ったら超めんどくさそうだから、誰も手にしたくはないはず。

また、NEM財団も流出した資金の「自動追跡プログラム」の開発を既に行っていて、24時間から48時間以内に導入するとアナウンスしています。

こちらの記事もオススメです!

ホワイトハッカーの水無 凛(JK17) さんのツイート

Amazonユーザ必見!
東京ガスの新電力サービス

Amazonギフト券がずっともらえる

もらえる電気

もらえる電気で毎月お得に

使うだけで毎月の電気代から最大5%還元

テレワーク・ゲームに必須の光回線
混雑回避の次世代通信方式で高速化

次世代通信対応でWiFiルーター永年無料

So-net 光 プラス

今なら当サイトから入会で

初期工事費実質無料最大60,000円還元中

犯人の仮想通貨に付けられたモザイク

コインチェックからクラックされた通貨の流れ

NEM財団からの自動追跡プログラムの開発アナウンス


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

「ジョーカー」こと「無敵の人」の調査で絶望的な事実が発覚!法務省「友好関係ほぼなし64%、無職75%、収入なし60%」

法務省が発表している「無差別殺 …

首都圏の1都3県「まん延防止」を要請へ!政府は1都9県に適用検討「行動制限を行う」

2022年1月17日、新型コロ …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.