What's New
ホーム / ニュース / 「バンクシー絵画」1.5億円で落札直後にシュレッダーが自動的に動き出してバラバラに裁断され自滅する

「バンクシー絵画」1.5億円で落札直後にシュレッダーが自動的に動き出してバラバラに裁断され自滅する

「バンクシー絵画」1.5億円で落札直後にシュレッダーが自動的に動き出してバラバラに裁断され自滅する落札ハンマーが鳴り響いた直後に、シュレッダーが作動し絵画は自殺する。

ストリートアートで世界的に有名なアーティストであるバンクシー(banksy)氏の作品「風船と少女」が、オークションで104.2万ポンド(約1億5500万円)で落札された瞬間に、額縁に仕込まれていたシュレッダーが動作して絵画を半分ほど裁断して会場は騒然となりました。

海外の額縁にシュレッダーを仕込み、動作させたのは絵画作者のバンクシー自身でこれもアートの一環とみられているようです。

バンクシー氏は自信のInstagramに「”The urge to destroy is also a creative urge”- Picasso(破壊衝動もまた創造の衝動である。-ピカソ)
」とピカソの名言と共にシュレッダーを額縁に仕込み、オークション落札直後にバラバラに裁断される様子をまとめた動画を投稿しました。

バンクシー氏は「オークションに出された場合に備えて、数年前に絵の中にシュレッダーを仕込んだ。」とコメントしました。

バンクシー氏はオークションに否定的な事で知られていて、今回のパフォーマンスも意思表現の一環だったと考えられています。

しかし、皮肉なことにバラバラにされた作品は、シュレッダーでバラバラにされた事で価値が上昇した可能性があると専門家はコメントしているようです。

こちらの記事もどうぞ

絵画がシュレッダーされる瞬間の動画

騒然とする会場の様子


この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。 その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。 バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

首都高速湾岸線で190km/h走行の動画を仲間内で共有した男性 警察に通報されて逮捕される

まさかの仲間に裏切られて、警察 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.