横浜線・相模原駅勤務のJR東日本社員が新型コロナに感染!妻子も既に感染確認

横浜線・相模原駅勤務のJR東日本社員が新型コロナに感染!妻子も既に感染確認2020年2月24日に、神奈川県相模原市にあるJR東日本横浜線・相模原駅で事務作業を担当していた50代のJR東日本社員が、新型コロナウイルスに感染していたことが明らかになりました。

男性は22日に感染が確認されていて、男性と接触があった9人の検査を今後行う事になっていますが、既に微熱がある社員2人を自宅待機にしているようです。

また、男性の妻と長女、次女も既に感染が確認されていて自宅療養を続けています。

JR東日本によると、男性は発症した16日に相模原駅で当直業務を行っていて、接客の業務はしていないとのことです。

2月22日にJR相模原駅職員に新型コロナウイルスの感染が確認された内容のメールが、JR東日本の管理職に向けて送信されていたというリークが23日にされていて話題になっていました、本日発表されたことにより真実だったことが判明しました。

こちらの記事もどうぞ

相模原市の感染男性 JR相模原駅で事務作業を担当

神奈川県相模原市で22日に新型コロナウイルスの感染が確認されていた一家4人のうち、50代の男性がJR東日本の社員で、16日まで駅で勤務していたことが明らかになりました。

男性と接触のあった9人の検査を今後することにしていますが、これまでに微熱があった2人の社員をすでに自宅待機にしています。男性の妻と長女、次女もすでに感染が確認されていて、自宅療養を続けています。
参考:news.livedoor.com

リークされたJR東日本の新型コロナ感染確認メール


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

日本を中心にTwitterで障害発生中!TL(タイムライン)更新ができなくなる

2020年4月9日22時10分 …

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)が臨時休業を5月中旬以降まで再々延長決定

2020年4月9日に、大阪にあ …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.