東京オリンピックが2021年に開催できない場合は中止へ!森喜朗会長「再延期はない」

東京オリンピックが2021年に開催できない場合は中止へ!森喜朗会長「再延期はない」新型コロナウイルスがパンデミックとなった影響で、2020年7月24日から開催予定だった「東京オリンピック(東京五輪)」が2021年7月23日に1年の延期となりました。

医療の専門家たちは、新型コロナウイルスのワクチンや有効な治療薬が開発されない限り1年の延期では開催が難しいとの声が出ている中、大会組織委員会の森喜朗会長は2021年に開催できない場合は「中止になる」との考えを明らかにしました。

2022年に再延期される可能性があるかとの質問に対して、再延期はないと回答しています。

既に追加経費として3,000億円が見込まれていて、今後さらに増えていく可能性もある中、IOCと日本側での分担等なにも決まっていません。

新型コロナ問題解決が全く見えていない中、3,000億円以上の予算を使って1年後に延期するよりも、開催ができない可能性が高いのであれば早期に中止の決断をし、その分の予算を新型コロナウイルス対策に使った方がいいという声も多く出てきています。

人類が初めて遭遇する共通の敵との戦いですが、今後どのような未来が待っているのか現状では想像もできません。

こちらの記事もどうぞ

東京五輪、「再延期はない」 森会長が言明

来年に延期された東京オリンピック(五輪)・パラリンピックについて、大会組織委員会の森喜朗会長は、2021年に開催されなければ「中止になる」との考えを明らかにした。
参考:bbc.com

Twitter上の反応


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

東京都が飲食店の酒類提供を容認へ!まん防に切り替わる6月21日から適用

2021年6月18日、東京都は …

第44回隅田川花火大会2021が開催中止を発表!延期開催もなし 2年連続で中止に

2021年10月23日 土曜日 …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.