日本でTikTokを含む中国発アプリ使用禁止か!自民党が政府に提言方針

中国発の人気動画共有アプリ「TikTok(ティックトック)」ですが、中国発のアプリは個人情報が中国共産党に渡る恐れなどがあり、安全保障上のリスクがあると話題になっています。

アメリカ政府ではポンペオ国務長官が「利用すれば、個人情報が中国共産党の手に渡りかねない」と中国発のアプリを排除する動きがあり、インドでは既に中国製52アプリを使用を禁止しました。

日本でも自民党の「ルール形成戦略議員連盟」(会長・甘利明税調会長)が中国発のアプリ利用を制限するように、政府に提言する方針を固めたようです。

政府は議連の動きと平行し、国家安全保障局などで中国発アプリの情報収集を進めていて、菅官房長官は「サイバーセキュリティーに関する動向は常に注視している。個人が特定される情報の投稿や登録は、十分注意することが重要だ」と指摘しました。

日本でも人気のゲームアプリ「アズールレーン」も中国製アプリですが、中国共産党の実質的支配下にある中国製アプリは全て排除する動きになっていくのでしょうか?

今後日本でも利用者が多い外国製SNS系アプリ(中国:TikTok、韓国:LINE)などは情報流出の懸念から排除の動きが広がる可能性がありそうです。

こちらの記事もどうぞ

TikTokも念頭、中国発アプリ制限を提言へ

自民党の「ルール形成戦略議員連盟」(会長・甘利明税調会長)が、中国発のアプリ利用を制限するよう、政府に提言する方針を固めた。

日本で若者を中心に使われている動画共有アプリ「TikTok(ティックトック)」などが念頭にある。
参考:news.livedoor.com

Twitter上の反応

わが敵「習近平」 中国共産党の「大罪」を許さない

わが敵「習近平」 中国共産党の「大罪」を許さない

楊 逸
1,540円(09/30 01:31時点)
発売日: 2020/06/19
Amazonの情報を掲載しています

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

70代男性が風俗店に車で突っ込みダイナミックエントリー!従業員が車の下敷きに

2020年9月28日、千葉県中 …

優良運転者講習をオンライン化する方針!ただし更新は試験場に行く必要あり

2020年9月29日に、警察庁 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.