常磐道あおり暴行・宮崎文夫「日本中を恐怖の渦に陥れた」起訴内容を全て認め免許再取得に意欲

2019年には「池袋プリウス暴走事故」に続き、日本中に衝撃を与えた、「常磐道あおり暴行事件」が発生しました。

常磐道あおり暴行事件は、試乗車のBMW・X5に乗った、運転手・宮崎文夫(44)被告と、同乗者・ガラケー女こと喜本奈津子(51)容疑者が常磐道であおり運転をして、会社員の男性が運転する車を本線上に無理やり停車させ、男性の顔を何度も殴りけがをさせるという衝撃の事件内容でした。

被害者の車にはドラレコが装備されていて、事件の一部始終が撮影された動画が公開され、多くの人に衝撃を与え、日本で初めてあおり運転で指名手配された事件となりました。

2020年7月27日に、宮崎被告の初公判が水戸地方裁判所で開かれ、起訴された内容をいずれも認めました

宮崎被告は「(やられたら)やり返すという気持ちが間違っていた」「日本中を恐怖の渦に陥れたことを痛感」「二度と同じような運転はしない」と、半沢直樹を全否定し、大魔王のようなセリフを発し、また公道で運転をする事を宣言しました。

免許を取り消された宮崎被告ですが、今後免許を再取得するかについては「車が好きなのでいずれは取りたくなると思う。今回のことを反省し、安全運転の模範になるくらいの存在になりたい」とコメントし、免許取得に意欲を見せています。

もし宮崎被告が免許を再取得して運転を始めたら、絶対に公道上で出会わないことを願いたい。

こちらの記事もどうぞ

あおり殴打事件の被告が謝罪の言葉

去年8月、茨城県の常磐自動車道で起きた「あおり運転殴打事件」の初公判が開かれ、会社役員の男は起訴内容を全て認めました。

この事件は去年8月、茨城県の常磐自動車道で会社役員の宮崎文夫被告が当時24歳の男性が運転する車に「あおり運転」を繰り返し、高速道路上に停車させた上、男性を殴ってケガをさせた強要と傷害の罪に問われています。また、宮崎被告は愛知県と静岡県でも「あおり運転」をしたとして、強要の罪に問われています。

最後に一言ありますかと聞かれ、「ドライブレコーダーを通じて日本中を恐怖の渦に陥れたことを痛感しています。二度と同じような運転はしないよう努めていきます」と謝罪の言葉を口にしました。
参考:news.livedoor.com

常磐道あおり運転初公判 宮崎被告、起訴内容を認める

免許を取り消された宮崎被告は今後、再取得するかどうかについて「車が好きなのでいずれは取りたくなると思う。信じてもらえないかもしれないが、今回のことを反省し、安全運転の模範になるくらいの存在になりたい」と語った。
参考:news.yahoo.co.jp

Twitter上の反応

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

高速道路でセルシオに乗る男性が無理やり停車させて恫喝しながら暴行!DQN「出てこいや!」

これは宮崎文夫に影響されたのか …

絶対に避けられないバイクの正面衝突事故!「骨盤多発骨折、バイクは廃車」

2020年7月12日に、神奈川 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.