グッディ!・安藤優子が40.1度で炎天下の中意識もうろうとしている女性リポーターに鬼畜パワハラして炎上!「えーw返しちゃうのwwもう一回お返ししていいですか?」

2020年8月19日に放送されたフジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」で、熱中症の疑いが見られる症状で意識がもうろうとなり、レポートが続けられなくなった女性ディレクターに対し、安藤優子さんが笑いながら無理に中継を続けさせようとするパワハラ場面があり炎上しています。

女性ディレクターは手元の温度計で40.1度を示す炎天下の京都・渡月橋の様子を伝えていました。

女性ディレクターは懸命にレポートをしようとしていましたが、思考が回らなくなり、意識がもうろうとしている様子で熱中症のように見られました。

熱中症の危険性を訴えているメディア側の人間が熱中症を非常に軽視しているようにも見えてしまいます。

安藤優子さんと同じスタジオに居たカンニング・竹山さん、高橋克実さんは真剣に女性ディレクターを心配し、「ちょっと休憩した方が良いんじゃないか」と発言していました。

東京都では新型コロナウイルスによる死者よりも熱中症による死者の方が約10倍多く、熱中症が疑われる症状が現れた場合は全く軽視して良いものではありません。

Twitter上では、「老害オブ老害」「何続けさせてるの?!」「ドン引きした」などと批判が相次ぎ炎上しています。

こちらの記事もどうぞ

熱中症の疑いがあり意識がもうろうとしている女性ディレクターの動画

Twitter上の反応

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

新型コロナ感染拡大で医療崩壊目前のなか11月30日から中国との往来再開!第三波にブーストの可能性

2020年11月27日に、新型 …

東京都内で新たに新型コロナ561人感染!重傷者数も増加で2日連続の500人超

2020年11月28日、東京都 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.