首都高速で走行中に助手席から大きく身を乗り出しスポーツカー撮影で炎上!目撃者「危ないし怖かった」

2020年8月23日 13時40分頃に、東京都足立区にある首都高速・中央環状線で、走行中のスポーツカー「日産・R32 スカイラインGT-R(BNR32)」の助手席から大きく身を乗り出し、地面スレスレの位置からスポーツカー「三菱・ランサーエボリューションIV(CN9A)」を撮影している様子が目撃されて危険すぎると炎上しています。

危険な撮影行為を行っているグループは、背景が動いている状態で、迫力や躍動感を出すための撮影方法「流し撮り」、所謂ローリングショット撮影を行っている様に見えます。

首都高速道路は「そもそも映画や雑誌、ミュージックビデオなどでも、車道上で車外に身を乗り出しての撮影許可は基本的にはしていません」とコメントしていて、危険行為を行っているグループは乗車方法違反やシートベルト装着義務違反などの道路交通法違反となる可能性が高く、警察に逮捕される可能性もあります。

こちらの記事もどうぞ

首都高で危険なローリングショット撮影を行うグループ

危険なローリングショット撮影の様子の動画

首都高「カメラを出しての撮影許可は基本的に下りません」

その他にも報告されている危険な撮影

Twitter上の反応

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

GTA5が新技術で完全に現実並のリアル感に!フォトリアル化技術の応用で古いゲームも超リアルへ

世界一売れているゲーム「グラン …

スタバの前で従業員同士の喧嘩が勃発!怒りで焦って殴り合い開始したため可愛すぎると話題に

スタバの店舗前で2人のスタッフ …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.