新型コロナウイルスの再感染を初めて実証!ワクチン完成や集団免疫獲得後も流行継続する可能性

新型コロナウイルス感染症から回復した男性が4.5ヶ月後に再感染したことを確認したと、香港大学の研究者が発表しました。

再感染が実証されたのは世界初です。

研究者は「新型コロナウイルス感染に対する免疫は生涯続くものではなく、それどころか、再感染が直ぐに起こり得ることを研究は実証している」とコメントしています。

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種や集団免疫が獲得されても、ウイルスの流行が継続する可能性を示唆しているとの見方を示しています。

以前から世界中で新型コロナウイルスから回復後に再び陽性になる事例が報告されていましたが、今回の実証で検査ミスやPCR検査の精度によるエラーではなく、実際に再感染していることが判明しました。

ワクチンが完成した頃には新しいウイルス株が流行していて、ワクチンの効果に期待できない可能性がでてきました。

こちらの記事もどうぞ

コロナ再感染を確認 香港で世界初

中国・香港の研究者らは24日、新型コロナウイルスの再感染を世界で初めて確認したと発表した。自然感染かワクチンの接種かに関わらず、獲得する免疫の持続性に疑問を投げかけている。
参考:news.livedoor.com

Twitter上の反応

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

東京ディズニーランドで新エリアのスニーク開催!園内アナウンスには大歓声が

先日、東京ディズニーランド(T …

PS5を50万円で転売する悪質な出品者!キャンセルで迷惑料7万円を請求

2020年9月18日から予約開 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.