東京五輪延期による追加費用とは別にコロナ対策で1000億円!追加合計3000億円で当初の開催予算と同等に

2021年夏に延期された東京五輪・パラリンピック2020ですが、延期に伴う追加費用2,000億円とは別に、新型コロナウイルス対策費用が1,000億円と試算されていることが判明しました。

延期による追加経費は合計3,000億円となる見通しですが、コロナ渦においてスポンサー各社が契約延長に懐疑的な意見もあるようで、観客制限や無観客開催などによってチケット収入や経済効果が減った場合、都や国の負担割合が増える可能性もでてきました。

東京五輪は当初3013億円の予算で開催を見込んでいましたが、既に1兆3230億円程度と4倍以上に膨れ上がっています。

予算想定がガバガバの実績がある大会組織委員会が現時点で3000億円と想定しているのであれば、1.2兆円程度に膨れ上がり、合計2.5兆円程度になってしまう可能性もありそうです。

大きな経済効果をもたらしてくれる事が期待されていた東京五輪ですが、新型コロナによって大きな負債となってしまう事のないように祈りたいです。

こちらの記事もどうぞ

五輪コロナ対策に1000億円、延期経費の3分の1

来夏に延期された東京五輪・パラリンピックにかかる新型コロナウイルス対策費が約1000億円と試算されていることが29日、複数の関係者への取材で分かった。同対策費以外の純粋な延期による追加経費は大会組織委員会により約2000億円と試算されており、合計は約3000億円となる見通し。
参考:news.yahoo.co.jp

Twitter上の反応

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

東京都が飲食店の酒類提供を容認へ!まん防に切り替わる6月21日から適用

2021年6月18日、東京都は …

第44回隅田川花火大会2021が開催中止を発表!延期開催もなし 2年連続で中止に

2021年10月23日 土曜日 …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.