都営大江戸線の運転士15人が新型コロナ感染!運行を7割に減便でついに交通崩壊開始

2020年12月26日に、東京都は、都営地下鉄大江戸線の運転士系15人の新型コロナウイルス感染が確認され、運行を通常の7割程度に減便することを発表しました。

12月15日から24日までに、大江戸線の運転士計15人の感染が確認され、濃厚接触者を含め21人が出金できなくなり、通常運行に必要な人員確保が難しいと判断し、減便を決定したようです。

感染が確認された運転士15人は江東区にある詰め所に出勤していて、この詰め所には運転士167人を含む195人が勤務していて、12月25日から順次PCR検査を実施しているようです。

事実上の交通崩壊が発生したわけですが、今後も気温が上がるまで感染拡大がつづくと、様々な影響が相次ぎそうです。

こちらの記事もどうぞ

都営大江戸線の運転士15人が感染 通常の7割に減便へ

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、東京都は26日、都営地下鉄大江戸線について、27日から通常の7割程度で運行すると発表した。

15~24日に大江戸線の運転士計15人の感染が確認され、濃厚接触者を含め運転士21人が出勤できなくなり、通常運行に必要な人員確保が難しいと判断したという。
参考:news.livedoor.com

Twitter上の反応

ロックダウン 非常事態(吹替版)

ロックダウン 非常事態(吹替版)

ドミニク・モナハン, ウィル・パットン, ブライトン・シャービノ, フィオヌラ・フラナガン, カイル・コリン
Amazonの情報を掲載しています

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

GTA5が新技術で完全に現実並のリアル感に!フォトリアル化技術の応用で古いゲームも超リアルへ

世界一売れているゲーム「グラン …

スタバの前で従業員同士の喧嘩が勃発!怒りで焦って殴り合い開始したため可愛すぎると話題に

スタバの店舗前で2人のスタッフ …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.