Gmail・Hotmailのメールアドレスとログインパスワード30億件超をハッカーがネット上に公開!自分のアカウントが流出したか確認する方法

ハッカーがGmailやHotmailのメールアドレスとログインパスワード30億件超をネット上に公開しました。

今回公開されたデータは、過去に流出した多数のデータをまとめたもので、新しくハッキングされて流出したデータではなく、動画配信サービス・Netflix、SNS・LinkedInのユーザのデータなど、過去のハッキング内容に基づくものとのことです。

今回流出した30億件超のアカウント情報は、breachcomp2.0ハッキングで漏れたようで、現在この影響を受けてメールアドレスとログインパスワードがネット上に公開されていないか確認する方法があるので、今回は紹介します。

無料のデータ流出チェックツールを利用して今すぐ自分のアカウントを確認しましょう。

また速やかにパスワードを変更し、二段階認証を有効にすることなどを専門家は推奨しています。

こちらの記事もどうぞ

GmailやHotmailのパスワード数十億件がネットに流出

ハッカーが、GmailやHotmailのメールアドレスとそのログインパスワード30億件超をネット上に公開した。今回公開されたものは、ハッカーが過去の多数の流出データを集めたものだという。これらのデータは、オープンアクセスで公開された。ニュースサイト「BGR」が報じている。
参考:jp.sputniknews.com

データ流出チェックツールの使い方

  1. 「enter your email」にアカウントに使用しているメールアドレスを入力する
  2. 入力したら「Check now」をクリックする

アカウントのデータが流出していない場合

メールアドレスを入力したテキストボックスの下に上記のようにWe haven’t found your email among the leaked ones.と表示されます。

この表示が出た場合、現時点で流出は確認されていません

アカウントのデータが流出している場合

メールアドレスを入力したテキストボックスの下に上記のようにOh no! Your email address has been leakedと表示されます。

この表示が出た場合、現時点で流出が確認されています

入力したメールアドレスを利用している全てのアカウントのパスワードを速やかに変更し、セキュリティ設定を見直してください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

ブラインドコーナー先でUターンして道を塞ぐレンタカースイフト乗りが話題に「おまえバカかよ!」

割とスピードが乗りそうなコーナ …

横浜市南区であおり運転や運転手を殴り暴行するDQN男女が登場!女「横浜なめんな」「横浜に喧嘩売ってんじゃねぇぞ!」

横浜市南区の吉野町駅付近でホン …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.