お盆の国内線予約状況はGoToトラベル全盛期と同規模!都民「東京は危険、田舎は安全」

2021年8月2日から緊急事態宣言の適用対象が拡大され、過去にない深刻な感染拡大が発生していますが、2021年夏・お盆休み期間の国内線予約状況は昨年GoToトラベル全盛期だった11月の連休時と同規模になっているようです。

この旅行関連需要について専門家は「ワクチン接種の拡大などで移動することへの抵抗感が減った」と分析しているようです。

現時点では東京の感染者数が非常に深刻な状況のため、感染爆発の地域にいるよりも地方に旅行にいったほうが安全だと考えている可能性もあります。

お盆休みは旅行に行きたいという人達は感染拡大地域を避けて旅行をするという判断になっているようですが、現時点で比較的感染者が少ない地域でもお盆休み明けには感染状況は悪化する可能性があります。

自分単位で考えれば、旅行行きたくて今より安全な場所が行き先なら行かない理由はないね…

こちらの記事もオススメです!

国内線予約は「Go To」並み 宣言対象拡大も旅行需要ねばり強さ

2日から新型コロナウイルスの緊急事態宣言の適用対象が従来の東京都、沖縄県に、神奈川、千葉、埼玉の3県と大阪府を加えた6都府県に拡大し、旅行関連業界では「またか」と、需要減への懸念が相次いでいる。

ANAホールディングスによると、6~15日のお盆期間の国内線予約件数は、前年同期比で3割以上伸びている。特にピーク時の1日9万件以上という件数は「Go To トラベル」期間中だった昨年11月の連休時と同規模という。

航空・旅行アナリストの鳥海高太朗氏は、現在の感染拡大について「予断を許さない」とする一方、「東京にいても感染リスクはある。それならばワクチン接種の拡大などもあり、感染状況が悪い地域を避けて旅行をするとの判断になっているのだろう」と話す。
参考:sankei.com

Yahoo!プレミアム会員特典
最大50%OFFクーポンなど大量

オンラインクレーンゲーム無料券が週1配布

Yahoo! プレミアム特典詳細

獲得した景品はご自宅まで配送無料

雑誌も110誌以上読み放題

新料金プランで乗り換え先No.1
通話かけ放題&データ1GBまで0円

各種お得なキャンペーン実施中

楽天モバイル

今なら当サイトから入会で

高性能スマホ実質0円 or モバイルWi-Fi実質0円

Twitter上の反応

https://twitter.com/nina_0018/status/1422339013378072579
https://twitter.com/baiketsu/status/1422165703386230787

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

山口県阿武町が法的に確保した4299万円は今後クレジット・サラ金業者と町側で取り合いか

2022年5月24日、山口県阿 …

佐川急便に荷物を破損されその後も対応が酷いと報告したデザフェス出展者に賛否両論の声

2022年5月21・22日に東 …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.