IOC・バッハ会長の銀座観光について丸川五輪相「不要不急かは本人が判断すべき」お盆休みは旅行や帰省も原則可能へ

2021年8月9日、IOC・バッハ会長が東京・銀座を観光する様子が相次いで報告されていて、東京五輪の選手達に観光を禁じていたのにも関わらず、自らは観光してしまう行動に批判が殺到して炎上しています。

また、10日には丸川珠代五輪担当相がバッハ会長の銀座観光について記者会見で「不要不急かどうかは本人が判断すべきだ」とコメントし、事実上の国民に対する外出自粛撤廃とも考えられてさらに炎上しています。

東京五輪の規則集「プレーブック」では、選手や大会関係者が観光することを禁止していて、全ての関係者の模範にならなくてはならないバッハ会長が自ら規則を破っている行動に疑問の声が上がっています。

Twitter上では丸川五輪相のコメントを受けて、お盆休みなどの旅行や帰省、休日の外出、娯楽などに対して、不要不急ではないので実施するといったツイートが相次いでいます。

丸川五輪相はお盆休みには旅行や帰省、外出の自粛を要請する西村経済再生相の発言とはまるで逆のスタンスで政府内でも意見のすり合わせができていないとの指摘もあります。

外出自粛はまずは自分の命を守る為の行動であり、次に他人の命を守ることに繋がる行動ですが、今後はどのように外出自粛要請を受け入れる国民に増やすか、ベネフィットなども考えていくことが重要になりそうです。

こんなコメント出したら、今自粛してる人も馬鹿らしくなってしまうのでは?

こちらの記事もオススメです!

IOC・バッハ会長が銀座を散歩している様子

銀座にバッハ会長?
電子書籍のレンタルサイト
読みたい時にすぐ借りられる

全巻「無料サンプル」つき!

電子貸本Renta!

毎日おトクなスタンプがもらえる

コミック等が48時間100円から楽しめる

新料金プランで乗り換え先No.1
通話かけ放題&データ1GBまで0円

各種お得なキャンペーン実施中

楽天モバイル

今なら当サイトから入会で

高性能スマホ実質0円 or モバイルWi-Fi実質0円

バッハ氏の銀座散策 丸川五輪相「不要不急かは本人が判断すべきだ」

丸川珠代五輪担当相は10日の閣議後の記者会見で、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が9日に東京・銀座を訪れたことについて、「不要不急かどうかは本人が判断すべきだ」と述べた。

新型コロナウイルスの感染対策をまとめた規則集「プレーブック」では選手や大会関係者が観光することを禁止しており、SNS(ネット交流サービス)上では、バッハ氏の行動を批判する声も上がっていた。
参考:mainichi.jp

Twitter上の反応

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

山口県阿武町が法的に確保した4299万円は今後クレジット・サラ金業者と町側で取り合いか

2022年5月24日、山口県阿 …

佐川急便に荷物を破損されその後も対応が酷いと報告したデザフェス出展者に賛否両論の声

2022年5月21・22日に東 …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.