Home / ニュース / 時事ネタ / 南京大虐殺否定で炎上中のアパホテルが超強気で日本国内では好印象!「本は撤去しないし何が間違っているのか指摘しろ」

南京大虐殺否定で炎上中のアパホテルが超強気で日本国内では好印象!「本は撤去しないし何が間違っているのか指摘しろ」

南京大虐殺否定で炎上中のアパホテルが超強気で日本国内では好印象!「本は撤去しないし何が間違っているのか指摘しろ」昨日中国で大炎上したアパホテルですが、炎上した原因の「南京大虐殺否定本」について公式にプレスリリースを発表しました。

内容としては「本書籍を客室から撤去することは考えておりません。」「事実に基づいて本書籍の記載内容の誤りをご指摘いただけるのであれば、参考にさせていただきたいと考えています。」という超強気のコメントを掲載しました。

この対応に対して、中国人には炎上に油を注いでしまった形になりましたが、日本人には概ね好印象を与える結果になっているようです。客離れが進んで、昔のように泊まりやすくて安いホテルには戻らなそうです。

また、ニュースメディアの取材に対してアパホテルの現在の中国人利用客は全体の5%と言うことや、この騒動でキャンセルが特に増えたと言った事実はないと回答しました。

アパホテルのプレスリリース

弊社ホテル客室に設置している『本当の日本の歴史 理論近現代史』等について、昨日からご意見やお問い合わせをいただいていますので、ここで弊社の見解を述べさせていただきます。

本書籍の中の近現代史にかかわる部分については、いわゆる定説と言われるものに囚われず、著者が数多くの資料等を解析し、理論的に導き出した見解に基づいて書かれたものです。国によって歴史認識や歴史教育が異なることは認識していますが、本書籍は特定の国や国民を批判することを目的としたものではなく、あくまで事実に基づいて本当の歴史を知ることを目的としたものです。したがって、異なる立場の方から批判されたことを以って、本書籍を客室から撤去することは考えておりません。日本には言論の自由が保証されており、一方的な圧力によって主張を撤回するようなことは許されてはならないと考えます。なお、末尾に本書籍P6に記載しています、南京大虐殺に関する見解を掲載いたしますので、事実に基づいて本書籍の記載内容の誤りをご指摘いただけるのであれば、参考にさせていただきたいと考えています

今回問題となった書籍の内容

中国は日本軍が南京で三十万人を虐殺したと主張しているが、そもそも当時の南京市の人口は二十万人であり、三十万人を虐殺し、その一ヶ月後には人口が二十五万人に増えていたなどあり得ないことだ。しかも国民党広報宣伝部に雇われていた二人を除いて、欧米人など第三国の人が虐殺を目撃した日記も手紙も写真も、記録したものが一つもないことなど、更には、上海大学の朱学勤教授が「いわゆる南京大虐殺の被害者名簿というものは、ただの一人分も存在していない」と論文で発表したにもかかわらず、辞職もさせられていないことなどから、いわゆる南京虐殺事件が中国側のでっちあげであり、存在しなかったことは明らかである。

Twitterでの反応


参考:apa.co.jp

おすすめ記事

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

神奈川日産の整備士が衝撃的な給与明細を公開!国内大手カーディーラーでも超低賃金

整備士は難易度が低い(2017 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.