What's New
ホーム / ニュース / 事件・事故 / 車で人をはねる交通事故を起こしても無罪になれる魔法のアイテムが登場

車で人をはねる交通事故を起こしても無罪になれる魔法のアイテムが登場

車で人をはねる交通事故を起こしても無罪になれる魔法のアイテムが登場おととし、大阪府・豊中市で登校中の小学生の列にメルセデスベンツ・Bクラスで突っ込み、六人が重軽傷を負う事故がありました。

その事件では「睡眠導入剤を飲んで車を運転した」ということで危険運転障害の罪に問われていましたが、地裁でも高裁でも無罪判決が言い渡されて、検察も上告しないことが決まり、無罪が確定しました。

ニュースの文面を読んだだけでは理解しがたい、信じられない様な判決と現実ですが、小学生の列に神風アタックを決めても無罪になるのだから、相手が死んでない限り、今後は同様に「睡眠導入剤」を持って服用すれば無罪になるかもしれません。

こちらの記事もどうぞ

小学生6人はねた女性 検察上告せず無罪確定へ

大阪・豊中市の中村恵美さん(52)はおととし5月、市内で車を運転中、登校している小学生の列に突っ込み6人に重軽傷を負わせた罪に問われ、その後検察は、血液から睡眠導入剤の成分が検出されたことから、より刑の重い危険運転傷害の罪で起訴しました。

1審の大阪地方裁判所は「睡眠導入剤で正常な運転が困難になるおそれを認識していたとは言えない」などととして無罪を言い渡し、2審の大阪高等裁判所も「居眠り運転をして事故を起こしたとは言えない」などとして無罪を言い渡しました。

これについて大阪高等検察庁の田辺泰弘次席検事は、「判決内容を検討したが適切な理由が見当たらない」として上告しないことを決め、中村さんの無罪が確定することになりました。
参考:nhk.or.jp

無罪になった原因は検察の起訴内容が正しくなかったから?

今回無罪になってしまった理由としては、検察が「危険運転傷害罪」で立件したあげく、証明することが出来なかったから「危険運転傷害罪」は罪に問えなかったという内容だとおもいます。

検察が「自動車運転過失致傷」で立件していれば、無罪にはならなかったかもしれません。

しかし、1度無罪が確定してしまった以上、罪状を変えての再起訴は難しいと思うので加害者を有罪にすることは難しいでしょう。

残念すぎる結果です。

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。 その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。 バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

ポケモンGO 対戦機能(PvP)「トレーナーバトル」各ジムリーダーが使用するポケモンパーティ まとめ

ポケモンGOの対戦機能(PvP …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.