What's New
ホーム / ニュース / 事件・事故 / H&Mの黒人差別広告 南アフリカ「抗議デモ」で店舗襲撃!商品略奪や店内破壊されてメチャクチャ

H&Mの黒人差別広告 南アフリカ「抗議デモ」で店舗襲撃!商品略奪や店内破壊されてメチャクチャ

H&Mの黒人差別広告 南アフリカ「抗議デモ」で店舗襲撃!商品略奪や店内破壊されてメチャクチャスウェーデンのアパレル大手「H&M」が黒人少年をモデルに「ジャングルで最もカッコいいサル(coolest monkey in the jungle)」と書かれた商品を着用させてWEBサイトに広告として掲載したことが、発覚して黒人差別問題として話題になりました。

この広告に対する抗議デモが1月13日に南アフリカで野党「経済的解放の闘士(Economic Freedom Fighters / EEF)」が主導してヨハネスブルク市内のH&M店舗で行われました。

数十人規模で押しかけて抗議デモが行われましたが、参加者が暴徒化して店内を破壊して荒らしたり、商品を略奪するなどして暴れ、警官に鎮圧されました。

党首はこの抗議デモに対して「黒人への侮辱は許さない。」とコメントして襲撃への謝罪を否定しました。

差別だと非難されていたことH&Mに対して、自ら事実に変えてしまった様ですね。

こちらの記事もどうぞ

暴徒化した参加者がH&M店内を破壊して荒らしている様子の動画

H&Mの黒人差別広告、南アで抗議デモ 一部店舗で略奪も

黒人の少年をモデルに起用したスウェーデンのアパレル大手「へネス・アンド・マウリッツ(H&M)」の広告が人種差別的だと非難されている問題で、南アフリカでは13日、野党「経済的解放の闘士(EFF)」の主導で抗議する人々がヨハネスブルク(Johannesburg)および近郊のH&M店舗に押しかけ、一部では店舗を荒らしたり商品を略奪したりしたため警察が制圧に乗り出す事態となった。

EFFのフロイド・シバンブ(Floyd Shivambu)氏はツイッターで「あの愚かな服屋(H&M)は今、自らの人種差別の報いを受けているのだ。理性ある人間なら誰でもH&Mに南アフリカ国内での営業を許すべきではないということに同意するだろう」と投稿し、H&Mに対する抗議行動を正当化した。
参考:headlines.yahoo.co.jp

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。 その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。 バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

ポケモンGO 対戦機能(PvP)「トレーナーバトル」各ジムリーダーが使用するポケモンパーティ まとめ

ポケモンGOの対戦機能(PvP …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.