南アフリカ・サッカー五輪代表の選手ら3人が新型コロナ感染!日本の初戦相手で22日試合へ

2021年7月18日、組織委員会は東京・中央区晴海の選手村に滞在する、南アフリカ・サッカー男子代表の選手2人とスタッフ1人が新型コロナウイルスに感染したと発表しました。

日本入国後の唾液検査で陽性となり、その後の検査でも陽性反応となったようで、チームは検査結果が判明するまで隔離されます。

感染が確認された3人は選手村外のホテルで隔離措置が取られているようです。

感染が確認されたのはDFのジェームズ・モニャン選手、MFのカモヘロ・マーラツィ選手、ビデオアナリストのマリオ・マシャさんの3人です。

南アフリカは日本代表の初戦相手で22日に試合が予定されています。

東京五輪では新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者と判定されたとしても、試合前のPCR検査で陰性なら出場を認める特例対応が予定されています。

濃厚接触者は新型コロナウイルスに感染している可能性がある状態のため、PCR検査で陰性でも14日間の間に陽性になる事は非常に多く、陰性の状態の時(潜伏期間)にも感染を広げる可能性があります。

濃厚接触者を隔離したらゲームが成り立たなくなるからね…
でも、選手よりもイベント自体を守る対応は選手にとっては恐怖でしかないのだろう。

こちらの記事もオススメです!

五輪選手村 新型コロナ陽性は南アのサッカー男子選手2人

東京オリンピックに参加するため東京・中央区の選手村に滞在し、新型コロナウイルスの検査で陽性が判明した2人の海外選手について、大会組織委員会は、いずれもサッカー男子で日本が初戦で対戦する南アフリカの選手だと明らかにしました。

組織委員会は18日朝、東京・中央区晴海の選手村に滞在し、海外から来日した選手2人が新型コロナの検査で陽性だったと発表し、選手村に滞在する選手で初めて陽性が判明しました。

その後、組織委員会は、この2人が南アフリカのサッカー男子の代表で、ディフェンダーのジェームズ・モニャン選手と、ミッドフィルダーのカモヘロ・マーラツィ選手だったことを明らかにしました。
参考:nhk.or.jp

テレワーク・ゲームに必須の光回線
実測速度調査No.1の auひかり

他社から乗り換えで最大55,000円上乗せ還元

安くて早いKDDIの光回線≪auひかり≫のお申込はコチラ♪

今なら当サイトから入会で

初期工事費実質無料最大131,000円還元中

新料金プランで乗り換え先No.1
通話かけ放題&データ1GBまで0円

各種お得なキャンペーン実施中

楽天モバイル

今なら当サイトから入会で

高性能スマホ実質0円 or モバイルWi-Fi実質0円

Twitter上の反応

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

東京都内で新たに新型コロナ3621人感染確認!先週比約1.5倍で都は警戒度を「感染が再拡大」に引き上げ

2022年6月30日、東京都内 …

愛知県・豊橋バイパス小松原IC付近で7台が絡む大型トレーラー多重玉突き事故!怪我人は複数か

2022年6月29日 11時1 …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.