ホーム / ゲーム / ポケモン / ポケモンGO / ポケモンGOプラスを自動化改造してネットオークションで販売した男性が商標法違反容疑で逮捕

ポケモンGOプラスを自動化改造してネットオークションで販売した男性が商標法違反容疑で逮捕

ポケモンGOプラスを自動化改造してネットオークションで販売した男性が商標法違反容疑で逮捕これは「ポケモンGOプラス」を販売してたから捕まったのかな?

「ポケモンGO」でより快適な冒険を行えるデバイス「ポケモンGOプラス」自動化改造してネットオークションで販売した会社員男性(37)が、商標法違反の疑いで逮捕されました。

「ポケモンGOプラス」は近くにいるポケモンやポケストップを知らせてくれるデバイスで、通知が来た時にデバイスのボタンを押すと、スマホを操作しなくてもポケモンをゲットしたり、アイテムを回収する事が出来る。

このボタンを押す作業を自動化する改造をした「ポケモンGOプラス」を1個約6,000円で販売していて、2016年12月から2018年3月までの間に約350個を売り、計約180万円の売上があったようです。

ポケモンGOプラスは現在大量の偽物が出回っているため、偽物をネットオークションやAmazonに流している業者・個人も特定して逮捕して欲しいところです。
参考:sankei.com

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。 その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。 バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

2018年を振り返る「YouTube Rewind 2018」公開!今年は過去最悪の出来だと低評価の嵐

この動画が公開されると今年も残 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.