ホーム / ニュース / 事件・事故 / 合法に正しく駐車していたクルマが何故か駐車違反で取り締まられる!赤羽警察「とりあえず点数切るから」

合法に正しく駐車していたクルマが何故か駐車違反で取り締まられる!赤羽警察「とりあえず点数切るから」

合法に正しく駐車していたクルマが何故か駐車違反で取り締まられる!赤羽警察「とりあえず点数切るから」パーキングメーターを正しく利用して駐車していたにもかかわらず、東京都北区赤羽で駐車違反取り締まりを受けてしまったという、ツイートが話題になっています。

放置車両確認標章が貼られた駐車枠に正しく駐車している車両の画像と、放置車両確認標章とパーキングメーターの領収書の画像が投稿されていて、駐車違反を受けたのが6月18日11時20分で、パーキングメーターの料金を支払ったのが6月18日10時49分になっていることがわかります。

同時に撮影されたと思われるパーキングメーターの時間表示は「55分」を示していて、利用時間内であることがわかります。

投稿者は警察署に連絡したところ「1回(駐車違反を)切ったものはどうしようもない」と言われたようです。

その後、実際に違反処理された運転手が赤羽警察署に行ったところ「とりあえず点数切るからそのあと弁明書書いて」と言われたようで、その後電話で話していた内容と違うと伝えたところ、偉い人が出てきて対応が変わったとのこと。

投稿者は現在不服申し立てを行っているようで「赤羽警察署まじ不信感でしかない」とコメントしています。

今回実際に駐車違反処理をしたのは標章を見ると、警視庁から委託を受けた民間駐車監視員(緑のおじさん)で、警視庁のHPを見ると現在赤羽警察署が委託している放置車両確認機関は「シンテイ警備株式会社」となっています。

正しく駐車しているクルマが取り締まられることは大問題ですが、一体何故パーキングメーターを動作させている利用時間内の車両を違反処理してしまったのでしょうか。

今後の進展が気になります。

パーキングメーターは59分以内にお金を入れれば駐車禁止にはならない

正しく駐車していたのに駐車違反を切られた車両


最新情報2014-2015 なんでこれが交通違反なの!?
最新情報2014-2015 なんでこれが交通違反なの!?
  • 著者 : 今井 亮一
  • 価格 : ¥ 1,620
  • 単行本:279 ページ
  • 出版日 : 2014/09/17
  • 出版社 : 草思社

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。 その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。 バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

横浜市がカジノ誘致(IR)を正式発表!山下ふ頭に2020年後半開業「これまでにない経済的社会的効果」

横浜市の林文子市長は、2019 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.