東京都江戸川区・船堀駅前の公衆トイレ液体せっけんが別の液体にすり替えられる「強い酸性の液体」

2020年6月16日に、東京都江戸川区にある都営新宿線・船堀駅前の区が管理する公衆トイレで、新型コロナウイルス対策として設置されていた液体せっけんが強い酸性の液体にすり替えられていることがわかりました。

江戸川区によると、公衆トイレを利用した人から「液体せっけんを使ったら手がピリピリした」と連絡があり、区が確認したところ、男子トイレに置かれていたポンプ式の液体せっけん1つが別の容器に入った液体にすり替えられていたようです。

警視庁が中身の確認を進めていますが、容器に入っていたのは強い酸性の液体だったとのことです。

新型コロナ対策でせっけんを利用して手を洗うことが多い時期に、非常に怖い事件です。

こちらの記事もどうぞ

公衆トイレ液体せっけんすり替え

東京・江戸川区の公衆トイレで、新型コロナウイルス対策として設置されていた液体せっけんが、強い酸性の液体にすり替えられていたことがわかり、区が区内の公衆トイレのせっけんを回収しました。
参考:nhk.or.jp

Twitter上の反応

酸性廃液中和剤 中和剤NB 5kg×2

酸性廃液中和剤 中和剤NB 5kg×2

10,560円(10/18 08:42時点)
Amazonの情報を掲載しています

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

バイクに殺人的に危険なあおり運転するプリウス登場!腕をつかんだりバイクを押す

横浜市緑区にある横浜町田IC付 …

愛知県岡崎市でプリウスがあおり運転で進路を塞ぎ威嚇行為!DQN運転手「でてこいや!」

2020年10月12日に、愛知 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.