時短協力金を申請していたタピオカ屋のシャッター開けたらもぬけの殻!ゴースト店舗で協力金不正受給か

新型コロナウイルス感染拡大を抑えるために、飲食店などに自治体単位で営業時短要請などが出ていますが、昨年からずっと休業していて時短協力金申請していたタピオカ屋のシャッターを開けたところ、既に内装まで撤去が済んでいてゴースト店舗と化してたというツイートが話題になっています。

投稿者は「ゴースト店舗で協力金ガポガポやったんやなぁ」とコメントしていて、兵庫県議員が東京都の所管部局と連携して調査を開始したとリプライしています。

持続化給付金も不正受給者が逮捕され始めていますが、営業時短協力金の不正受給者も今後続々と逮捕されていくのかもしれません。

不正受給者も多いと思うけど、後から取り締まれる体制になっていれば問題ないと思う。

こちらの記事もオススメです!

長期で協力金申請しているタピオカ屋がゴースト店舗だった

大学生になったら
1枚は持っておくべきVISAカード

会社員・個人事業主 発行可能

三井住友VISAカード

今なら当サイトから入会で

初年度年会費無料10,000円相当獲得可能

20歳から入手可能!
ワンランク上のゴールドカード

会社員・個人事業主 発行可能

三井住友VISAプライムゴールドカード

今なら当サイトから入会で

初年度年会費無料13,000円相当獲得可能

県議員が調査を開始

Twitter上の反応

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

東京都内で新たに新型コロナ4058人感染確認!初の4000人越えで過去最多

2021年7月31日、東京都内 …

東京都が繁華街で予約不要のワクチン接種へ!接種券があれば誰でも接種可能な状況へ

2021年7月30日、東京都・ …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.