九州地方・京都で大雨の影響で冠水や洪水被害!線状降水帯によって非常に激しい雨

2021年8月14日、活発な前線が停滞している影響で、九州地方や中国地方などの各地で長い時間にわたり激しい豪雨により冠水や洪水被害がでています。

また京都府でも激しい雨が観測されていて、水没や冠水などの被害が出ていて被害状況が多数報告されています。

15日にかけて九州や中国地方だけではなく、東海や関東甲信などでも過去に経験したことがないような大雨となる恐れがあり、災害発生危険度が極めて高い予想がでていますので、厳重な警戒が必要とされています。

コロナ禍での災害はかなりしんどそう。
遅かったと後悔するよりも何でもなかったと笑い話にできる様に早めに避難しておきたいです。

こちらの記事もオススメです!

過去経験したことのない大雨エリア 東海や関東甲信などにも拡大 災害発生の危険度大

8月15日(日)にかけては、九州や中国地方だけでなく、東海や関東甲信などでも、過去経験したことがないような大雨となる恐れがあります。災害発生危険度が極めて高い予想のため、厳重な警戒が必要です。
参考:news.yahoo.co.jp

毎日引けるクーポンガチャ
無料で読める本が豊富

「正義」の意味を問う問題作

スペシャル会員登録

今なら当サイトから無料会員登録で

すぐに使用可能な50%オフクーポンプレゼント

新料金プランで乗り換え先No.1
通話かけ放題&データ1GBまで0円

各種お得なキャンペーン実施中

楽天モバイル

今なら当サイトから入会で

高性能スマホ実質0円 or モバイルWi-Fi実質0円

九州地方の様子

https://twitter.com/DOWLE0923/status/1426348486232928259

京都府の様子

https://twitter.com/super_giancarlo/status/1426429447398334464

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

山口県阿武町が法的に確保した4299万円は今後クレジット・サラ金業者と町側で取り合いか

2022年5月24日、山口県阿 …

佐川急便に荷物を破損されその後も対応が酷いと報告したデザフェス出展者に賛否両論の声

2022年5月21・22日に東 …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.