仙台市保健所が大阪王将を検査「ナメクジ・ゴキブリなどは1匹も確認できなかった」と発表!保健所ぐるみでの隠蔽が疑われてさらに炎上

宮城県仙台市太白区にある飲食店「大阪王将 仙台中田店」の元従業員が、ナメクジやゴキブリなどが大量発生し、店舗や調理場の衛生面や労働環境が劣悪な状況にあることを告発し大炎上していた問題で、仙台市保健所が立ち入り検査を行い「ナメクジ・ゴキブリなどは1匹も見つからなかった」と発表しさらに炎上しています。

仙台市保健所の検査結果は「ナメクジやゴキブリ、ウジムシは1匹も確認できなかった」「ナメクジは梅雨に多く発生するからこの時期に見られた可能性はある」「現時点では大量発生している状況はない」と告発内容と大きく食い違う結果になりました。

仙台市保健所は厨房内の清掃や掃除をするよう指導したとのことで、食品衛生責任者がいなかったことは早急に変更手続きを行うように指示し、営業停止などの処分は考えていないと発表しました。

この発表に対して告発者はブチ切れていて「仙台市ほんま適当すぎんか?」と保健所が来る前に清掃したことを踏まえてもゴキブリが1匹も確認できないことに大きな疑問を抱いています。

また、店舗で運用されていたSlackのチェンネルが消去されたことや、ゴキブリが這い出ていた洗濯機が外に移動されていることなどが報告されています。

深夜に店内で何かをしているという報告も複数あがっていて、Twitter上では仙台市保健所の検査結果を受けて仙台市全体の飲食店に恐怖を抱くツイートが大量に発生している状況です。

飲食店でゴキブリ1匹も確認できないは説得力がなさ過ぎる。
そりゃ明日行くよ!準備してね!って保健所に言われたら店側も必死に掃除して証拠隠滅するだろう。
告発者は店を良くしたくて自己犠牲を払ってまでいろいろやったが、結局無理だったって言うのが悲しすぎるな…
ブラック企業にはこういう被害者いっぱい居るんだろうな…

こちらの記事もオススメです!

保健所は立ち入り検査「見つからなかったが清掃など指導」

仙台市保健所の生活衛生課は25日、ファイブエム商事社長らに立ち会ってもらい、同日中に仙台中田店へ立ち入り検査に入って報告書も作成したと取材に答えた。

同課によると、店内を検査した結果、ナメクジやゴキブリ、ウジムシは、1匹も確認できなかったという。ナメクジは、梅雨の時期に多く発生するといい、この時期に見られた可能性はあるとしたものの、「大量に発生している状況ではありませんでした」とした。店では、ゴキブリの駆除を業者に依頼し、最近は、捕虫検査でも見つからなかったと説明したという。

ただ、厨房内で清掃が行き届いていなかったため、清掃や消毒をするように指導した。ツイッター投稿もあったため、外から虫が入らない措置を取るようにも促した。また、食品衛生責任者が3月に系列店へ移動し、それ以降はいなかったことも指摘した。資格者はいたものの失念していたと店側は説明し、保健所では、変更届の手続きを早急に行うように指示した。

保健所が立ち入ったときは、ネコはいなかったという。ガスコンロは、一部が破損したが、新しく変わっていたとした。

健康被害の報告がなく、店が自主休業していることから、保健所では、改善状況の確認は行うものの、営業停止などの処分は考えていないとしている。

参考:news.yahoo.co.jp
Yahoo!プレミアム会員特典
最大50%OFFクーポンなど大量

オンラインクレーンゲーム無料券が週1配布

Yahoo! プレミアム特典詳細

獲得した景品はご自宅まで配送無料

雑誌も110誌以上読み放題

電子書籍のレンタルサイト
読みたい時にすぐ借りられる

全巻「無料サンプル」つき!

電子貸本Renta!

毎日おトクなスタンプがもらえる

コミック等が48時間100円から楽しめる

あまりに告発と異なる保健所の結果に隠蔽工作を疑う

店舗で運用されていたSlackのチェンネルが消えたとの報告

ゴキブリが出てきていた洗濯機が外に移動されていた

Twitter上では深夜に店内で何かをしているとの報告が複数あがる

宮城県の保健所はラベル偽装の立ち入り検査を1分で終了した実績あり

宮城県亘理町の業務用食材卸売会社「ヒット仙台」(藤原裕巳社長)が冷凍海産物の賞味期限を改ざんしていた問題で、県塩釜保健所岩沼支所が十分な調査をしないまま、公益通報制度に基づく告発状を提出した元従業員に「検査を打ち切る」と伝えていたことが11日、分かった。

関係者によると、保健所の職員2人が9月1日午後1時すぎ、同社に初めて立ち入り検査を実施。定期検査を装い、検査対象となる食品の店頭販売の有無を尋ねた。実際には来客があれば販売していたにもかかわらず、社員が「今は販売していない」と説明すると、検査を終了し立ち去った

その間、わずか1分。経営者を呼び出したり、書類を確認したりすることはなかった。情報提供を受け、河北新報社の記者も現場近くで一部始終を確認した。

保健所は同日、元従業員に「検査対象がなかった。再度の調査は考えていない」と十分な検査をしないまま、検査打ち切りを通告した。

元従業員は「保健所のやる気のなさに、あきれて言葉も出ない。報道機関の取材がなければ、食品偽装は今も見逃され、賞味期限切れの食品が出回っていた可能性が高い」と語った。

参考:web.archive.org

仙台市保健所の検査は適当だったという報告

仙台市議会議員が動き始める

告発者はただ店舗を良くしたいと思い自己犠牲を払ったが無理だった

保健所の報告を受け仙台市の飲食店に恐怖を抱く人が続出

Twitter上の反応

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

ディズニーホテル運営がバイトテロを事実と認める「派遣社員の男性が行ったもの」

千葉県・東京ディズニーリゾート …

まさかのディズニーの従業員がバイトテロか!業務中にふざけている動画を公開

千葉県・東京ディズニーリゾート …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.