Home / その他 / 30代から始めるフライドポテト

30代から始めるフライドポテト

30代から始めるフライドポテトフライドポテト。エネルギーの塊!

フライドポテト。それは中毒性の高きもの!

フライドポテト。それはいつ食べても美味い!

とても中毒性の高い食べ物として有名なフライドポテト。一度食べ始めるとその勢いは衰えることを知らない。

しかし、フライドポテトを食べし者の勢いは止まらなくても、フライドポテトは無くなってしまう。どうしたら自宅でも安定したフライドポテトの供給が出来るのか?

その答えはフライヤーと冷凍ポテトだ。

今回は30代から始めるフライドポテトということで、フライヤーと冷凍ポテトの組み合わせのコスパの良さを紹介したいと思う。


スポンサーリンク

フライヤーが無ければ話は始まらない

フライヤーが無ければ話は始まらないフライドポテトを始めるのに必要な物は何か!そう。電気フライヤーです。

以前、電気フライヤーを個人輸入する記事で紹介したCDF-100がお勧めのフライヤーです。

フライパンでも可能だが温度管理とかめんどくさいし、やっぱりフライヤーがあると便利!

油入れて、電源入れて、ポテトを入れておくだけで知らない間に揚げたてのフライドポテトが完成する。

今は一家に一台フライヤーがある時代なので、もしまだ持っていない場合は早急にフライヤーを手に入れておこう。

冷凍ポテトは1kgで200円

冷凍ポテトは1kgで200円フライヤーを手に入れたとしても、揚げる物が無くては食べることが出来ない。必要な具材は何か?そう。冷凍ポテトだ。

日本には様々な格安商品がある。今回紹介する冷凍ポテトは1kgが200円前後だ。参考までにマクドナルドのポテトLサイズの量が170gだ。オレは150円で販売されているとき以外マックには行かないが、冷凍ポテトを手に入れれば200円で約6倍の量を食すことが出来る。

1kg200円の冷凍ポテトは神戸物産が展開している「業務スーパー」で取り扱われている。ほぼ全国に展開しているので比較的入手しやすい。

また、スーパー三和にも冷凍ポテトの取り扱いがある。こちらは1kg300円と若干高いが近くに業務スーパーが無い人は利用すると良いだろう。(首都圏にしかないけど…)

フライヤー×冷凍ポテト=∞

フライヤー×冷凍ポテト=∞フライヤーと冷凍ポテトという無敵のコンボを手に入れた貴方はもう安心だ!

これからは好きなだけポテトを食べることが出来る!

しかし、30代からこんな食生活をしていたら後々大きな病気につながりそうだが、そんな事を気にしていたら真のポテラーにはなれないので思いっきり食べ尽くそう!1回で1kgぐらいは楽々食べられてしまうぜ!

というわけで、今回は安く自宅でフライドポテトを食べる方法の紹介だ。何故30代から始めているのかには触れないでくれ!

もう、ホッテントリメーカーは使わないぞ!以外とむずい!

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!


スポンサーリンク

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

「マックで食べ放題」ポテト・ナゲット・ドリンク・ソフトツイストが700円で何度でも食べられる?

マックで食べ放題が始まったとい …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.