Home / PC / スマートフォン / Android / Bye-bye WILLCOM. Hello au.

Bye-bye WILLCOM. Hello au.

Bye-bye WILLCOM. Hello au.
高校生時代から今まで約5年間WILLCOMを使って来ました。
そんなWILLCOMとも、お別れです。
これからは、Android windowsphone iphone auと仲良く出来たら良いな。
何故移動したのか。まぁ、値段ですね。
それじゃ、まずは振り返ってみるかな。


確か、WILLCOMは日本で最初にスマートフォンを発売したんじゃないかな。確かな。
その名も「W-ZERO3」
sc0000_20111105180311.jpg
画期的だったよねー
当時は。これで生きてた様なもんだからな。WILLCOMのPHSは。
でも、比較したらガラケーよりスマートじゃないwwww
日本は生活に使うならガラケーの方が当時は優れてたな。
遊ぶならWindows Mobile。まぁ、使い方次第か。
そんなこんなで、W-ZERO3の次は小型化された「W-ZERO3 [es]」
sc0000_20111105180703.jpg
見事小型化に成功。
この時はまだガラケーじゃ、Officeのファイルが開けないからそこら辺押してたんだっけ?
あと、PCメール受信できるとか。
今じゃ、Gmailの転送で解決だよねw
でも、当時はそれが良かった。
小型化したって言っても、マジでリモコンじゃねーかこれwwww
よく使ってたわwww
ここから大きく進化した。Windows Mobile6搭載。
「Advanced/W-ZERO3 [es]」
sc0001_20111105181220.jpg
当時これは凄い進化だった。
でも、CPUはこっからIntel使わなくなったんだよな。
いや、厳密にはIntelじゃないって言った方が正確かな。
しかし、メモリは大幅に増えた。ような気がしてるけど、実際128M。
頑張ってたよなw当時はこのスペックを快適に使えるよう、みんな切磋琢磨してたんだからw
コイツの最大の欠点は、本体色。
ゴキブリブラックとシルバーしかなかった。後からピンク追加されたみたいだけど。
ゴキブリブラックは、段々うんこ色に見えてくる。
それ以外はまぁ、快適だったかな。
次は失敗作と言われている「WILLCOM 03」
sc0002_20111105181858.jpg
WILLCOMはガラケー層を取り込もうと頑張った結果、既存のユーザーをないがしろにしてしまう傾向に進み始めます。
小さくして、ガラケーっぽくした。ワンセグ搭載。でも、バッテリー持ち最悪。
大体W-ZERO3は何処行ったんだよwww
まぁ、機種変したけど。
実際使うとそんなに糞端末って感じじゃないんだけど、やっぱりタッチ式のキーは扱い辛かった。
端末にはハードウェアキーが必須だと思うよ。オレは。
ハードユーザーはこんなもんに機種変するはずもなく前作のアドエスを使い続ける。
みんなが次こそは…と期待を寄せているところに次回作発表。
その名も「HYBRID W-ZERO3」
sc0004_20111105182457.jpg
これが現行機です。
既存のユーザーを裏切り、ガラケー層取得に走るWILLCOM。
それが、この形になりました。
まぁ、前作からガラケー層は二台持ちにW-ZERO3シリーズを洗濯する人が出てきていました。
が、こんな端末をスイーツ(笑)達が使えるはずもなく、悪評とクレームに終わります。
今作も同じ結果を生みます。
既存のユーザーはどんどん離れていき、結局ダメダメなんだよな…
スペックとしては03とあまり変わらず、W-ZERO3シリーズの象徴と言えるQWERTYキーが無いというあり得ない端末になりました。
新機能はGPSと本作最大の売り3G回線がデータ通信で使えるという事でした。
オレは機種変するつもりなど毛頭ありませんでした。
まぁ、機種変したけど。
いや、端末は糞だって知ってたんだ。
でも、プランGというのがあってだな。月額1480円でWILLCOM間通話し放題とPHS回線パケットし放題という魅惑プランだったんだよ!
端末が月々1480円かかって、一括で購入しないと月額2960円だったのだよ。
で、誰とでも定額とサポート入って最終的に月額4233円で使えてたんだよ。
良くない?
しかし、やはり端末に限界を感じた。
あと、回線速度と電波。
時代と共にデータ通信料は増えてくる訳で、そうなると回線速度が最低限必要になってくる。
結構限界だった。
でも、パケット代に月額5~6000円払うなんて馬鹿らしすぎる…
光ファイバーと同じなんて…
そう思っていた時期がオレにもありました。
そんなとき見つけたのが、auの毎月割。
2年契約で24ヶ月間月額利用料から一定額を引いてくれるってやつ。
そして、見つけた「IS04」の毎月割の金額を。
-2850円
基本料980円+パケホ5400円+毎月割-2850円
=3530円
というわけで、早速機種変してきました。
もちろん、端末代金一括0円の店を探して。
同時にMNPだとキャッシュバックしてくれるというのが今の流れみたいなので、SoftBankに入りMNPしてきました。(「プリモバイル MNP」でググると仕組みが分かるから気になったら見てみて下さい。)
今回は一括0円でキャッシュバック3万円の店を探して機種変しました。
利益は2万3千円ぐらいかな?
最終的に指定通話定額とあんしんサポートに入って、月額4242円かな?
auの回線で維持費これなら良いよね。
まぁ、Android弄ってみたかったし一石二鳥。
IS04はめちゃくちゃ悪評高いみたいだったから、覚悟してたが灰鰤よりはまし。
今のところ言うこと聞いてくれている。
今回も思ったけど、とことん知らないと損する世界なんだと再認識しました。
自分の使用する物や事には、積極的に自分から情報収集して行こう思います。
結局W-ZERO3の歴史みたいな記事になっちゃったけど、読者さんの携帯電話料金の参考になれば幸いです。
最後に、今までありがとう。W-ZERO3。
※W-ZERO3シリーズの振り返りについては全てオレのイメージですのでご了承下さい。


photo
W-ZERO3を使いたおす本
法林岳之 チームHEX
インプレス 2006-02-09

by G-Tools , 2011/11/05

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!


スポンサーリンク

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.