What's New
ホーム / 乗り物 / 湾岸戦争でイラクからの地対空ミサイルを6回も緊急回避したアメリカ・F-16パイロットの機内映像

湾岸戦争でイラクからの地対空ミサイルを6回も緊急回避したアメリカ・F-16パイロットの機内映像

湾岸戦争でイラクからの地対空ミサイルを6回も緊急回避したアメリカ・F-16パイロットの機内映像1990年のイラクによるクウェート侵攻をきっかけに始まった湾岸戦争で、国連の多国籍軍に属していたアメリカのF-16が、イラク軍から発射されたSAM(地対空ミサイル)を6回も緊急回避して避けきった場面の記録映像が話題になっています。

記録されている映像は、イラク・バグダッドで行われた大規模空戦「Package Q Strike」の一幕で、3分頃からロックオンされたと思われる警告音が猛烈な勢いで流れ始め、パイロットが慌て始めます。

戦闘機の傾きや高度等を表示しているHUDを見ると、発射されたミサイルを回避するために、激しく回避行動を取っていることがわかります。

先日発生した、韓国海軍レーダー照射事件では自衛隊は火器管制レーダーを照射されたので、ミサイルこそ発射されていませんが頭に銃を突きつけられた状態で、哨戒機に乗っていた隊員達がどれだけプレッシャーを受けたのか連想できます。

F-16のパイロットは回避行動中に、激しく息が上がり緊張の限界の中で戦闘機を操縦していることがわかります。

映画でもドラマでもない事実として発生した戦闘の記録映像は、どんな映像よりも怖いです。

こちらの記事もどうぞ

湾岸戦争でSAMを6回も回避したF-16の記録動画

訓練中のパイロットが気絶し墜落寸前で自動地面衝突回避システムが作動した動画


この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。 その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。 バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

新東名高速道路で高齢者運転の軽自動車が大逆走!隊員の制止を無視して跳ね飛ばす

いや…もう…酷いってレベルじゃ …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.