トヨタがAE86をCN化して復活させる!新たな挑戦「クルマ好きを誰ひとり置いていかない」

2023年1月13日、千葉県・幕張メッセで開催している世界最大のカスタムカー見本市「東京オートサロン 2023」で、トヨタ自動車がカーボンニュートラル化した「トヨタ・スプリンター トレノ / レビン(通称・ハチロク / AE86)」を公開しました。

今回公開されたのは2台で、1台は水素燃焼エンジンを搭載する「AE86 H2」、もう一台はバッテリEVの「AE86 BEV」で、既に販売されている車におけるカーボンニュートラルの可能性を問いかけました。

「AE86 カーボンニュートラルプロジェクト」として、旧車に今の技術を使い、持ち味の良さを捨てずにそのまま復活させています。

シェイクダウンを担当した佐々木雅弘選手は「古い車のオーナーやクルマ好きに対してトヨタが残してくれている選択肢」「将来的に本当に楽しみな2台」とコメントしています。

トヨタは旧車のオリジナル状態を極力残したまま、現代の技術でコンバートすることで未来に残していけるという新しい可能性を問いかけました。

素晴らしいプロジェクト!
トヨタは本当に走る喜びを感じるクルマが好きなんだと感じる。

こちらの記事もオススメです!

トヨタ・AE86 H2/BEV コンセプトの動画

AE86 H2/BEV Concept -Project Story-

ネット上の反応

この時を待っていた!!

ハチロクがこんなふうに生まれ変わるとは!熱いな!

自分の車でやるかどうかは別として、自分の好きな車に乗り続けられる選択肢が増えるのは魅力
さすが豊田社長やね

TOYOTAやばすぎて鳥肌たった
ガソリン車だけど今の車にずっと乗りたいって人にはめちゃくちゃいいね!
EVと水素車にもMT設定残してくれたらきっと未来の子供達も喜ぶと思う

これ普通に考えてどヤバいことしでかしてるまじで凄い

これができるようになるなら今から旧車買っても長く乗り続けれそうでいいな

頭文字D(1) (ヤングマガジンコミックス)

頭文字D(1) (ヤングマガジンコミックス)

しげの秀一
759円(12/06 10:39時点)
発売日: 1995/11/06
Amazonの情報を掲載しています

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

執筆者 SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に紹介していました。その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。自動車、ゲーム関係、今日のプリウス系が得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきます。

この記事もチェック!

宮城県で大型トラックのタイヤが飛び軽トラックに直撃する脱輪事故

Twitter(X)上で、宮城 …

他人の駐車場で子ども達を遊ばせる母親らが話題に「叱らない親ってなんなの?」

Twitter(X)上で、他人 …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.