拭くだけでヘッドライトなどの黄ばみが全部取れる!フクピカで簡単に黄ばみが取れると話題に

古い車はヘッドライトレンズにガラスを使っていましたが、最近は様々な規制やデザイン重視の形状などの要因で素材がポリカーボネートに変わりました。

素材がプラスチック製になった事により、ヘッドライトが経年で黄ばんでしまいます。

黄ばみ取りには様々な方法がありますが、最も手軽で安全な方法は「磨くこと」です。

市販のヘッドライト磨きでヘッドライトをひたすら擦って黄ばみを落としていきまが、手作業だと結構大変で、せっかく綺麗にしても数ヶ月でまた黄ばんでしまいます。

そんな中、Twitter上で話題になっているのが「フクピカクレンジングシート」で拭き取る方法です。

報告者によると、ヘッドライトやバックランプを拭き上げたら、あり得ないくらい綺麗になったようで、コンパウンド使うよりも全然楽だとコメントしています。

ただし、公式はボディ塗装以外には使えないと明記しているので、使用する際には自己責任で行う必要があります。

ポリカーボネートの黄ばみからは逃れられない…

こちらの記事もオススメです!

フクピカでヘッドライトとバックランプが超綺麗に

フクピカ クレンジングシート

プラスチックには使えないと記載があるので自己責任で

製品パッケージの裏には「使えないもの」の一覧に「ボディ塗装以外」「プラスチック」と明確に記載されているため、ヘッドランプなどの黄ばみ落としとして利用する際には自己責任で行う必要があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

執筆者 SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に紹介していました。その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。自動車、ゲーム関係、今日のプリウス系が得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきます。

この記事もチェック!

東名高速を走行中にトラックからハシゴが飛んでくる「マジで殺人未遂!死ぬかと思った」

東名高速道路を走行中に、トラッ …

首都高・大黒PAにドリフト暴走する車が出現!また2003年に逆行し社会問題化か

横浜市にある、首都高速道路の大 …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.