狭いコインパーキングでドアパンチ防止のために意外すぎる対策をするレクサスLSが話題に

気持ちはメッチャわかる。マジで普通にドアパンチするバカいるからね。

コインパーキングに止めてあったレクサス・LSが、ドアパンチから身を守るためにビート板の様なモノをドアに貼り付けて防御している様子がTwitter上に報告されました。

画像を見るとビート板のようなモノは、マスキングテープのようなモノでドアに直接貼り付けられていて、オーナーは毎回駐車する度に脱着を繰り返しているようです。

ぱっと見では異様な光景に見えますが、実際コインパーキングでのドアパンチ率は結構高いため、クルマを大事にする人にとっては真面目に必要な対策だとおもいます。

中にはドアパンチを全く悪いことだと思っていない人もいるため、常に警戒する必要があります。

こちらの記事もオススメです!

ドアパンチ防止でビート板を貼り付けているレクサス

Twitter上の反応

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

執筆者 SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に紹介していました。その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。自動車、ゲーム関係、今日のプリウス系が得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきます。

この記事もチェック!

名古屋で外国人運転手が飲酒・信号無視で乗用車に突撃する事故「外人の飲酒運転許さん」

愛知県名古屋市の交差点で、コン …

首都高・大黒PAでイキリダッシュのチェイサーが壁に刺さる事故!ダサすぎると話題に

首都高・大黒PAで、イキリダッ …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.