東京五輪関係車両が期間中に75件も事故!2台に追突して逃走するあて逃げも発生「大会スタッフが優先」

2021年8月2日、東京オリンピック開幕後に大会関係車両が絡む事故が大会期間中に75件発生していたことが判明しました。

また、首都高で車両2台に相次いで追突する事故を起こしたにもかかわらず、そのまま逃げ去り、あて逃げをした大会関係車両もいるようです。

運転していたのは会社員の50代ボランティア男性で、大会関係者を乗せた車はフロントが破損したまま数十キロ走り続けました。

男性は「大会スタッフの送迎を優先した」と話しているようです。

あて逃げの被害にあった軽自動車に乗っていた女性2人は怪我の程度は不明ですが救急搬送されたようです。

法律すらも凌駕する五輪。GTAプレイしてる感じで運転してるのかな?
五輪関係だと、あて逃げしても逮捕はされないのはスゴい。

こちらの記事もオススメです!

大会関係車両が当て逃げか 大会関係者の交通事故75件に

東京オリンピックの大会ボランティアが運転する大会関係車両が、首都高速道路で追突事故を起こしていたことがわかりました。警視庁は当て逃げの疑いで捜査しています。

きのう午後6時ごろ、首都高台場線の下りで大会ボランティアの50代の男性が運転する大会関係車両がトラックと軽ワゴン車に相次いで追突し、さらに側壁に複数回ぶつかり、走り去りました。追突された軽ワゴン車の女性2人が病院に運ばれたということです。

車には大会関係者1人が同乗していましたが大破したまま走行を続け、運転していた男性は千葉県内で職務質問を受けました。男性は「五輪スタッフを送ることを優先した」と話しているということで、警視庁は当て逃げの疑いで捜査しています。

また、きのう昼すぎには首都高でフランスとオーストラリアの卓球選手11人を乗せ競技会場に向かっていたバスがトラックと接触する事故がありました。けが人はいませんでした。

警視庁によりますと、大会関係者が絡む事故は大会期間中75件起きているということです。
参考:news.yahoo.co.jp

毎日引けるクーポンガチャ
無料で読める本が豊富

「正義」の意味を問う問題作

スペシャル会員登録

今なら当サイトから無料会員登録で

すぐに使用可能な50%オフクーポンプレゼント

スマホを大手キャリアの半額以下に
月額費用が高いと感じる方にオススメ

契約条件なし!4ギガ月額990円の格安SIM

IIJmio

解約金も最低利用期間もなし

ドコモ・auのネットワーク選択可能

Twitter上の反応

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

山口県阿武町が法的に確保した4299万円は今後クレジット・サラ金業者と町側で取り合いか

2022年5月24日、山口県阿 …

佐川急便に荷物を破損されその後も対応が酷いと報告したデザフェス出展者に賛否両論の声

2022年5月21・22日に東 …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.