HKSが第二世代GT-RのRB26DETTを600馬力・燃費20Km/Lに魔改造!旧車に最新技術投入で2023年ローンチ予定

とんでもないお化けエンジンが爆誕してしまうのか……

自動車用チューニングパーツメーカー「HKS」が旧車に最新技術を注入するプロジェクト「アドバンスド ヘリテージ」を開始しました。

アドバンスド ヘリテージプロジェクトでは、最新のパーツ、最新の開発技術を取り込み、高出力化だけではなく環境性能も両立するという夢のようなコンプリートエンジンを展開するプロジェクトのようです。

今回HKSが発表した第二世代GT-R(BNR32 / BCNR33 / BNR34など)に搭載されているエンジン・RB26DETTのプロジェクトでは、600馬力という高出力を発揮するのにもかかわらず、燃費は20Km/Lというとんでもないスペックとなっているようです。

市販化については、2023年のローンチを目指して開発が進められているとのことです。

ノーマルのBNR34は都市部の街乗りで6Km/L、地方の街乗りで8Km/h、高速道路で10km/Lぐらいの燃費性能で、高速で楽しく走った場合5Km/Lぐらいになります。

そんなRB26で600馬力の出力を発揮でき、20Km/Lの燃費性能が実現されるのであれば、とんでもない化け物エンジンだということわかります。ヤバすぎるエンジンです。

いったいどんなエンジンが発表されるのか、続報に期待します。

こちらの記事もオススメです!

600馬力で燃費20km/リットル、HKSが名機RB26DETTをチューン

高出力かつ低燃費を実現するために、急速燃焼が可能なF1などのレーシングエンジンに採用される「プレチャンバ」、搭載確度が自由になり給排気系のレイアウトを最適化する「バーチカルターボチャージャ」、2つのプレナム(空気溜まり)でノック限界を向上する「デュアルインテーク」、デュアル化によって細かなインジェタの制御を可能とした「デュアルインジェクション」の4つの最新技術が盛り込まれている。

今回発表されたRB26DETTのプロジェクトでは、600馬力の出力を確保しつつ、燃費20km/リットルを両立させる。市販化については、HKSが50周年を迎える2023年のローンチに向けて開発が進められていく予定だ。
参考:news.yahoo.co.jp

テレワーク・ゲームに必須の光回線
実測速度調査No.1の auひかり

auのインターネット回線 auひかり

安くて早いKDDIの光回線≪auひかり≫のお申込はコチラ♪

今なら当サイトから入会で

初期工事費実質無料最大131,000円還元中

新料金プランで乗り換え先No.1
通話かけ放題&データ1GBまで0円

最初の3ヶ月プラン料金無料

楽天モバイル

今なら当サイトから入会で

高性能スマホ実質0円 or モバイルWi-Fi実質0円

HKS・アドバンスドヘリテージのコンセプト(RB26)解説動画

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

東京都内で新たに新型コロナ16538人感染確認!3日連続の過去最多で先週比約1.9倍

2022年1月27日、東京都内 …

東京都が今週中にも緊急事態宣言の要請検討か!基準の病床使用率が50%超えまであと501人

2022年1月27日、東京都は …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.