Home / ガジェット / ソニーから空間光学手ブレ補正を採用した4K/HDアクションカムFDR-X3000とHDR-AS300が発売

ソニーから空間光学手ブレ補正を採用した4K/HDアクションカムFDR-X3000とHDR-AS300が発売

ソニーから空間光学手ブレ補正を採用した4KHDアクションカムFDR-X3000とHDR-AS300が発売本日ソニーからアクションカメラの新製品として、空間光学ブレ補正機能が搭載された2モデルの発表がありました。4Kモデルの「FDR-X3000」とフルHDモデルの「HDR-AS300」。発売日は6月24日です。

アクションカムといえばGoPro一択だった以前とは違い、最近は各社がアクションカムに力を注いでいて様々な製品が発売されています。ソニーのアクションカムも売れ筋の一つですが、今回のモデルは流石ソニーというモデルで売れ筋の上位に食い込んできそうです。


スポンサーリンク

アクションカム史上初の空間光学ブレ補正機能

アクションカム史上初の空間光学ブレ補正機能あまり聞き慣れない言葉でどんな機能かいまいち分かりづらいと思いますが、手ぶれに合わせてレンズとイメージセンサーが一体になって動いて手ぶれを補正してくれる機能です。

この機能は手ぶれにかなり強く、ステディカム使っているかのようなブレの少ない映像を撮影することが出来ます。

ハンディカム等には搭載されていた機能ですが、アクションカム史上初の機能になります。

電子式ブレ補正と光学式ブレ補正の比較

車載動画やスポーツ等に利用している人にはかなり効果的な機能です。
オレもGoProで考えていたけどソニーの様子を見てもうちょい考えようと思う…

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!


スポンサーリンク

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

ヘルメットの振動でグループ通話ができるスノースポーツヘッドギアをSONYが発表

SONYから、スノースポーツを …

2 comments

  1. 僕はhdr-as15を現役で使ってますが、 GoProと比較してSonyのはサードパーティー製のアタッチメントが少ないのが気になりますね…
    公式の製品は割高感があるので そういうところはGoProはいいな…と思ってしまいますw

    • 確かにSonyは純正高いですよね… 物は良いんですけど高い…w
      GoProに変わってシェア拡大出来ればサードパーティーも沢山出てきそうですが、それまでは気にしなければならない大きなポイントですね。

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.