ソニーから空間光学手ブレ補正を採用した4K/HDアクションカムFDR-X3000とHDR-AS300が発売

ソニーから空間光学手ブレ補正を採用した4KHDアクションカムFDR-X3000とHDR-AS300が発売本日ソニーからアクションカメラの新製品として、空間光学ブレ補正機能が搭載された2モデルの発表がありました。4Kモデルの「FDR-X3000」とフルHDモデルの「HDR-AS300」。発売日は6月24日です。

アクションカムといえばGoPro一択だった以前とは違い、最近は各社がアクションカムに力を注いでいて様々な製品が発売されています。ソニーのアクションカムも売れ筋の一つですが、今回のモデルは流石ソニーというモデルで売れ筋の上位に食い込んできそうです。

こちらの記事もどうぞ

アクションカム史上初の空間光学ブレ補正機能

アクションカム史上初の空間光学ブレ補正機能あまり聞き慣れない言葉でどんな機能かいまいち分かりづらいと思いますが、手ぶれに合わせてレンズとイメージセンサーが一体になって動いて手ぶれを補正してくれる機能です。

この機能は手ぶれにかなり強く、ステディカム使っているかのようなブレの少ない映像を撮影することが出来ます。

ハンディカム等には搭載されていた機能ですが、アクションカム史上初の機能になります。

電子式ブレ補正と光学式ブレ補正の比較

車載動画やスポーツ等に利用している人にはかなり効果的な機能です。
オレもGoProで考えていたけどソニーの様子を見てもうちょい考えようと思う…

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

PS5「GTA5」リマスター版発売決定!まさかの3世代販売

PS5の映像イベント「THE …

延期されていたPS5のイベントが6月12日に開催決定!倍増した期待に答えられるか

世界情勢を鑑み延期されていた、 …

2 コメント

  1. 僕はhdr-as15を現役で使ってますが、 GoProと比較してSonyのはサードパーティー製のアタッチメントが少ないのが気になりますね…
    公式の製品は割高感があるので そういうところはGoProはいいな…と思ってしまいますw

    • 確かにSonyは純正高いですよね… 物は良いんですけど高い…w
      GoProに変わってシェア拡大出来ればサードパーティーも沢山出てきそうですが、それまでは気にしなければならない大きなポイントですね。

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.