Home / ゲーム / The Division / The Divisionのグラフィックス設定をNVIDIAが徹底比較するパフォーマンスガイド

The Divisionのグラフィックス設定をNVIDIAが徹底比較するパフォーマンスガイド

The Divisionのグラフィックス設定をNVIDIAが細かく解説するパフォーマンスガイドNVIDIAがディビジョンのグラフィックス設定が及ぼすパフォーマンスと画質のレポートを公開してくれました。

どの設定がどのくらいパフォーマンスに影響を与えて、画質はどれくらい違うのかが徹底的に比較検証されています。

Tom Clancy’s The Division Graphics & Performance Guide

かなり重たいディビジョンですが、コレで最適な設定をしましょう。
早速設定をしてみました。


スポンサーリンク

グラフィックス設定項目一覧(日本語)

英語日本語
Shadow Qualityシャドウ品質
Shadow Resolutionシャドウ解像度
Spot Shadow Countスポットシャドウ数
Spot Shadow Resolutionスポットシャドウ解像度
Contact Shadowsコンタクトシャドウ
Post FX AAポストFX AA
Temporal AAテンポラルAA
Sharpening画像の精細化
Particle Detailパーティクル品質
Enable Wind-Affected Snow雪に対する風の影響を有効化
Volumetric Fogボリューメトリックフォグ
Reflection Qualityリフレクション品質
Local Reflection Qualityローカルリフレクション品質
Sub-Surface Scatteringサブサーフェススキャタリング
Anisotropic Filtering異方性フィルタリング
Parallax Mapping視差マッピング
Ambient Occlusionアンビエントオクルージョン
Depth of Field被写界深度
Object Detailオブジェクト品質
Extra Streaming Distanceエクストラ・ストリーミング距離
Chromatic Aberration色収差
Lens Flareレンズフレア
Vignetteビネット効果

グラフィックス設定を最適化してみた

現在のグラフィックス設定は上記の画像の通りでした。

現状では決して軽くないのでパフォーマンスガイドを見ながら設定が与えるパフォーマンスの低下と自分が妥協できる画質を天秤にかけて色々と設定を弄ってみました。最終的には現状よりも若干画質は落ちるけどパフォーマンスは上がるであろう設定ができあがりました。

Local Reflection QualityやVolumetric Fogは割とリソースを利用してしまうので、別に低くてもいいと考えて設定を下げました。

画質の比較

水たまりや雪足跡のテクスチャ霧の強さ雪の強さに注目して比較して見て下さい。
かなり違いますよね?

自動設定の方がかなり画質が良いです。
そして、この2つの設定は大してパフォーマンスは変わりませんでした。

結論:自動設定優秀

これが私の環境だけなのか、それとも設定の仕方が悪いのかはわかりませんが、自動設定がかなり優秀なことがわかりました。変に悩んで弄るよりも自動設定で遊んだ方が良いかもしれないです。

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!


スポンサーリンク

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

バイオハザード7の最新トレイラーがPSX 2016で公開!デモアップデートも配信予定

ソニーが開催しているイベント「 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.