Home / PC / GeForce 364.47ドライバが不具合多発で取り下げられて修正版をリリース

GeForce 364.47ドライバが不具合多発で取り下げられて修正版をリリース

GeForce 364.47ドライバが不具合多発で取り下げられて修正版をリリース昨日お伝えしていた、Nvidiaの新ドライバの不具合問題があって、Nvidiaから取り下げられました。

現在は364.47ドライバは公開されておらず、問題を修正したとアナウンスされている最新バージョン364.51のベータ版をリリースしています。まだ364.47ドライバを導入していないユーザには、新たに公開した364.51ベータ版を導入するか、WHQL認定バージョンを待つようにアナウンスされています。

少し様子を見た方が良さそうですね。
参考:nvidia.custhelp.com

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!


スポンサーリンク

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

NVIDIAの最新GeForceドライバ(375.70以降)に仕込まれたテレメトリの無効化方法

どうやらNVIDIAの最新ドラ …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.