GTX 1080をレンタルしてどんなPCでもゲームができるサービス「GeForce NOW」を発表

GTX 1080をレンタルしてどんなPCでもゲームができるサービス「GeForce NOW」を発表いよいよPCでゲームをすることまで「クラウド化」されるようです。クラウドといえば、Dropboxの様なオンライン上にデータを保存できるサービスが有名ですが、GeForce NOW for Mac and PCはGPUの性能をオンライン上から借りることができるというクラウドサービスです。

イメージしにくいかもしれませんが、PCゲームを起動することが難しいロースペックPCでも、外部にあるハイスペックPCを遠隔操作して、ハイスペックPCの映像を自分のPCで見ながら操作する感じだと思います。

動画を再生できるパワーと、25Mbps以上のネット回線環境があれば、遅延なく重たいゲームでもプレイできるようになるというクラウドサービスです。

こちらの記事もオススメです!

GeForce NOW for Mac and PCとは?

「GeForce NOW」というサービス自体は従来から存在しており、「NVIDIA Shield」のみが対象となっていました。今回はサービスの対象範囲が広がり、WindowsやMacなどのPCにも適当されるようになりました。

また、ゲームプラットフォームも拡大してSteam、Origin、Uplay、GOGH、Battle.netとほぼ主要のゲームプラットフォームがサポートされるようになります。

サービス開始は2017年3月にアメリカで始まる予定です。

GeForce NOW for Mac and PCの利用料金

今回発表された「GeForce NOW for Mac and PC」で提供されるマシンは「GTX 1080」と「GTX 1060」の2種類となっています。

利用方法は使用時間1分毎にクレジットを消費するシステムで、「GTX 1080マシンが4クレジット」「GTX 1060マシンが2クレジット」消費されるようになります。

消費されるクレジットは2500クレジットが25ドル(約2,900円)で購入できます。

1時間「GTX 1080マシン」でゲームをプレイするのに必要な金額は2.4ドル(約280円)となっています。

1日約3時間プレイしたとして、1ヶ月で約26,000円という金額は決して安くはないですね。
参考:gamespot.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

東京都で感染者爆増が一目で納得できる画像が話題に!路上飲みの様子が酷すぎる

2021年7月27日、緊急事態 …

東京都内で新たに新型コロナ2848人感染確認!過去最多を更新し緊急事態宣言の効果なしか

2021年7月27日、東京都内 …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.