ホーム / ゲーム / ポケモン / ポケモンGO / ポケモンGO タツベイのコミュニティ・デイに新宿から参戦!当日の様子やレポまとめ

ポケモンGO タツベイのコミュニティ・デイに新宿から参戦!当日の様子やレポまとめ

ポケモンGO タツベイのコミュニティ・デイに新宿から参戦!当日の様子や参加レポ まとめ2019年4月13日(土)は、ポケモンGOで特定のポケモンが大量発生する定例イベント「コミュニティ・デイ」が開催されていました。

今回のコミュニティ・デイでは「タツベイ」が大量発生していて、ユーザ数が他のゲームアプリと比べ、ダントツで多いポケモンGOでは人気のポケモンだけに、エラーやサーバーダウンを恐れる声が開催前から多数出ていました。

コミュニティ・デイでは、人気の高いポケモンが対象となる回には必ずと言っていいほど、何かしらのトラブルが発生しています。

トラブルが発生した際には、開催時間の延長が恒例となっていて、過去に1度だけ再開催がありました。

「ヨーギラス」や「ダンバル」の回が記憶に新しいと思いますが、どちらもなかなかの激戦となりました。ダンバルはあまりに酷かったため、後日再開催となりました。あれはどっちも辛かった…

今回のダンバルデイはタツベイデイと同等、もしくはそれ以上の参加者数が推測されていて、従来のままであれば延長・後日開催が濃厚だと思っていました。

以前、コミュニティ・デイでエラーが発生した際の考え方を推察した記事を公開しましたが、そこでは「ハイリスク・ハイリターン」をとり、都会のポケモンが多く出現するが、トレーナーも多数集まる人口密集地でプレイするか、「ローリスク・ローリターン」をとり、地方のポケモンの出現は多くないが、トレーナーが少ない人口過疎地でプレイするかを考える必要があると書きました。

今回は前者の「ハイリスク・ハイリターン」を選択し、おそらく一番効率がいいと思われる新宿西口のヨドバシポケモン広場を中心にプレイすることにしました。

こちらの記事もどうぞ

いきなり配布されるポケモンGOの号外


新宿駅からポケモン広場に向かおうとすると、「号外です!」の声が聞こえてきました。

何か大きな事件や発表があったのかと近づいていき、号外をもらうとなんとポケモンGOのタツベイ大量発生を知らせる号外でした。

サンスポが発行していたまさかの号外に「これは大荒れのコミュニティ・デイになりそうだ…」と覚悟を決めます。

鯖落ち促進キャンペーンを自ら行ってしまうナイアンのドMぶりに感心しながらも、逆に考えればここまでサーバー負荷を自ら増やしに行くナイアンは、今回のイベントでは絶対にエラーや鯖落ちさせないという意思表明なのではないかと、ポジティブに考えることにしました。

そうこうしているうちに、ポケモン広場に着きました。

大量のトレーナーが集まる新宿西口「ポケモン広場」

大量のトレーナーが集まる新宿西口「ポケモン広場」あふれかえる大量のトレーナー達!

よくポケモンGOトレーナーには「高齢者が多い」と言われていますが、ここに来るといい感じに老若男女でバランスがとれていると思います。

若干若者が少ない気もしますが、高齢者が多いのは日本では当たり前で、若者は都会に集まるので都会でようやく若者と高齢者のバランスがとれるかな?って感じです。都会と地方の格差がこんな所にも現れているんですね。

イベント開始5分前になり、一度アプリを落とし再起動させますが、問題なくスムーズにログインできます。

ダンバルの時は数分前から死んでいたりしたので、どうやら今回のイベントにナイアンは全力体制で挑んでいるようです。

さすが鯖落ち促進キャンペーンを自らするだけのことはあります。

イベント開始時間の15時になり、大量のタツベイが湧き始めました。

「おや!問題なく普通にプレイできている!」

当たり前のプレイができることに感動しつつも、タツベイを捕獲していきます。

そんな感じでスタートしたイベントですが、非常に快調にプレイできていて「ナイアンもやればできるじゃん!でも、この環境作るのに相当のコストと労力がかかったんだろうな…」と思いながらもタツベイを捕獲していきます。

16時頃からサーバーの雲行きが怪しくなり始める

16時頃からサーバーの雲行きが怪しくなり始める大量にわくタツベイ達をゲットすることに夢中になり、時間の経過を忘れるも疲労感だけは忘れることができない中、いよいよ運命の時がやってきました。

そう、ジャッジメントタイムです。

普段から良い行いをしているトレーナーだけがプレイでき、それ以外のトレーナーはエラー祭りになるというあれです。嘘です。

16時頃からポケモンやポケストップは普通に表示されるも、ポケモンをタップしても開けない状態が発生し始めました。

運良く開けても、「モジュールがインストールできませんでした」や「この道具を使うことができませんでした」とエラーが発生してしまします。

それらのエラーを乗り越えて、ポケモンが開けてボールを当てても、ボールが揺れなくなり時間だけが経過するとい、無慈悲なエラーが発生していました。

周りを見ると、普通にプレイできているトレーナーも若干いましたが、多くのトレーナー達にエラーが発生していました。

「号外まで配ったのに、この戦闘力なのかナイアンよ!」と思いましたが、ダンバルと比べれば相当頑張っているので短期間での成長を評価することにしました。

タツベイ100%が出現しトレーナー達が一斉にダッシュ

※イメージ的にはこんな感じ。

そのとき、いきなり大人達が走り始めました!

若者だけではなく高齢者も走っています!

その集団を見て、周りのトレーナーや通行人も集団心理に乗っかり何が起こっているのかわからないのに、その集団に追従して走って行きます!

「テロが起きたのか?通り魔でも出たのかな?」と思いましたが、悲鳴が聞こえないので「レアポケモンが出たんだな!」と思い直し、当然私も乗っかり走り始めます。

乗るしかないこのビッグウェーブに!

やはり走るからには1位を目指さないといけないなと思い、走っている人たちをオーバーテイクしながら先頭を目指していきます。

しかし残念ながら信号に引っかかり、先頭とのギャップが広がります。

「くそ!このままではトップになれない…」と思いながら、信号で足止めを食らう人たちに「これなんで走ってるんですか?」と冷静に聞くと、「タツベイの100%が出てるんですよ!」と興奮しながら教えてくれました。

その後、走りながら集団をかき分けていくと「新宿警察署裏」交差点あたりでスマホを操作する集団がたまっていました。

早速ポケモンGOを開き、タツベイの出現を待ちます。

「持ってくれよオレの回線!」と願いながらタツベイが出現するのを待ちます。

すると、現れてくれました!6体近く!

「一体どれが100%のタツベイなんだ…1度で決めないと2度目は回線が…(ざわ…ざわ…)」

と、高額賞金がかかったゲームのような緊張感の中、選択したタツベイが見事に100%のタツベイでした!

いやー、走ってよかったと思いながらポケモン広場に戻ります。

人が多いところは完全にプレイ不可な状態

人が密集している所から離れたことによってなんとかゲットできた、タツベイパーフェクトですが、ポケモン広場は人がさらに増えていてプレイはかなり困難な状態でした。

そんな中ナイアンのサポートTwitterにツイートが…


うん。知ってた。オレやっぱり未来予想できるのかな?

ってことは、宝くじ買えば最強じゃね?とか思いながら、ポケモン開いてても負荷増やすだけだしバッテリーも食うので、バッテリーを充電しながら情報収集します。

Twitterを見るとトレーナー達の阿鼻叫喚なツイートが大量にありました。


まぁそりゃそうなるよねwww結構前から知ってたwww

16時50分頃から非常に遅延しているものの、時間をかければプレイできるようになり始めました。

大量にわいているタツベイでしたが、その中の数匹を捕獲するのがやっとで非常に悔しい思いをしながら地道に捕獲を続けました。

17時を過ぎ、依然解消しないエラーや不具合。「これはまた延長か再開催かな?」と思いながらTwitterを見るとナイアンのサポートが新たなツイートをしていました。


とりあえず1時間延長したようです。ボールや疲労感、バッテリーはまだなんとか1時間なら持ちそうです。

「ナイアンのエンジニア頑張ってくれ!」とスマホのディスプレイの前から応援しつつ、クルクルします。

苦しい環境の中プレイし続けること3時間。ようやく本来のイベント終了時間18時になり、わりと平常時に近いプレイが可能になってきました。

「ナイアンが頑張ったってより、エラーで諦めてやめたか、延長知らなくてやめたトレーナーが多くて復活したんじゃなかろうか…」と推察しますが、普通にプレイできるようになれば理由なんて何でもいいです。

さらにその後18時30分頃にナイアンのサポートが我々トレーナーに追い打ちをかけてきました


なんとさらにイベント時間が延長され、合計2時間の延長となるようです。

「もうやめて…オレのライフは0よ…」と言いながらも、プレイを続けます。

5時間ぶっ続けのプレイはやはり厳しいものがあり、体力や集中力はもちろんなんですが、ボールやボックスの空き、バッテリーなど様々なものが足りなくなってきます。

最終的にボックスが埋まってしまったことを理由に、集中力も限界なのでマックに入り、ポテトを食べながら個体値を調べることにしました。

今回のコミュニティ・デイ戦果はハイリターンだった


結果的には、タツベイを300匹弱捕まえて、色違いは11匹の結果になりました。

またポテトを食べながらなんとなく適当にタップしたタツベイが100%で、コミュニティ・デイ初の100%ゲットでしたが、合計2体も捕獲できてしまいました。

90%以上の高個体値は6匹で、ボーマンダ軍団を編成することも可能です。

予想通り大変なコミュニティ・デイになりましたが、結果的には満足できました。

エラーや不具合もあったけど、それも込みでなんかお祭りっぽくてコミュニティ・デイはめっちゃ好きです。

なんか非日常感あっていいよね!

コミュニティ・デイ中のサーバー状態の情報

コミュニティ・デイ中のサーバー状態の情報ポケモンGOローンチ時に、サーバーダウンを確認することができるサイトをいくつか紹介しました。

当時は圧倒的にキャパに対して過多なユーザが一斉にアクセスしてきていたので、頻繁にサーバーが落ちてしまっていました。

サーバーが落ちているのか、自分の環境が悪いのかを確認するために、サーバーステータスを確認できるこれらのサイトは重宝されていました。

ポケモンGOにログインできない時やサーバー障害の時の解決方法


今回は「Pokémon GO status」でコミュニティ・デイ中にエラーが発生した時のログを確認してみましょう。

このサイトでは「サーバー稼働状態」「サーバー稼働時間」「サーバー遅延時間」等を確認することができます。

コミュニティ・デイ中に最もサーバーに負荷がかかっていたのはだいたい16時30分頃のようです。

グラフが急激に変化し始めるのが大体16時頃からなので、16時頃にキャパオーバーもしくはその他の何かしらのトラブルが発生していた様です。

そして、グラフが落ち着くのが18時30分頃なので、その頃には安定してプレイできるようになっていた様です。

実際に新宿でプレイしていて、16時頃から瀕死状態になり18時頃にはほとんど回復していたので大体状況とグラフは合っています。

次回ここまで盛り上がるコミュニティ・デイはいつになるのか、またどのポケモンが選ばれるのか、今年の夏にもイベントが控えていたりと、2019年もポケモンGOはさらに盛り上がりを見せてくれるだろうと期待しています。

サーバーはやっぱりこれだけユーザがいると、なかなか完全にトラブルなしで稼働させることは難しいと思います。

それでも少しずつ改善していると思うので、トレーナーのみなさんには温かい目で応援してあげて欲しいと思います。

トラブルも含めトレーナーの道は、険しく厳しいという体験ができていますねw

次回のコミュニティ・デイに期待して、またサーバーの成長に期待して続報を待ちましょう!

ポケモンGO 2019年5月から8月までのコミュニティ・デイ日程を公式発表


めざせポケモンマスター -20th Anniversary-
めざせポケモンマスター -20th Anniversary-
  • Sony Music Labels Inc.
  • 価格 : ¥ 1,800
  • 商品ランキング : 11,360 位

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。 その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。 バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

ポケモンGO 星空ツイートでカウントダウン開始!ジラーチがついに登場か

「ポケモンGO」にいよいよ幻の …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.