Home / ニュース / ディズニー新パーク「空」が2022年に開業か!ランド・シー・エアーで3軍コンプ

ディズニー新パーク「空」が2022年に開業か!ランド・シー・エアーで3軍コンプ

ディズニー新パーク「空」が2022年に開業か!ランド・シー・エアーで3軍コンプ東京ディズニーもついに「ランド」「シー」「エアー」で3軍そろうのか!

東京ディズニーリゾートは建設準備を進めている、第三のパークのテーマを「空」にすることで検討に入った。

名称は「東京ディズニースカイ」とする案も浮上しているとのこと。2019年に着工して2022年に開業を目指す。

世界中のディズニーランドで初となる「空」がテーマのパークでは、宇宙旅行やジェット機での飛行を疑似体験ができるアトラクション導入を検討していて、シニア層が楽しめるようにするため、パーク内は動く歩道などを整備して、長距離歩かなくても回れるように工夫する方針とのこと。

新パーク発表は4月下旬から5月上旬の発表を目指しているとのことなので、今後の発表に注目しましょう。

名称は「エアフォース」が良いよ「ランド」「シー」ときたら、次は絶対に「エアー」だと思っていたけど、ホントに来たか。

これで3軍そr…あれ?これはひょっとして、ついに黒ネズミが日本国内で極秘裏に作っていた3軍を動かして、世界を征服するつもりでは…

ディズニー新パーク 次は「空」 22年度にも

東京ディズニーリゾート(TDR、千葉県浦安市)を運営するオリエンタルランドは、建設準備を進めている第3のパークのテーマを「空」にすることで検討に入った。空や宇宙をテーマにしたアトラクションやエリアの建設を検討しており、名称を「ディズニースカイ」とする案も浮上している。2019年度に着工し、3年間かけて建設して22年度の開業を目指す。

「陸」がテーマのディズニーランドは米国やフランス、中国などにもあるが、「海」をテーマとするディズニーシーは世界で唯一、日本だけにある。同社の関係者は「ディズニーシーのように世界に一つしかないパークを造りたい」として、ディズニーリゾートとして世界で初めて「空」をテーマに据え、宇宙旅行やジェット機での飛行を疑似体験できるアトラクションの導入などを検討している。シニア層まで楽しめるパークにするため、動く歩道などを整備し、パーク内を長距離歩かなくても回遊できるよう工夫する方針だ。

TDRの年間来場者数は約3000万人で推移しており、混雑緩和が課題。新パークでは、紙の入場券ではなく、スマートフォンを使った電子認証で入退場できるようにする方向だ。園内に設置するセンサーなどで来場者の移動データやアトラクション利用データを収集分析し、ピーク時の分散化を図ることも検討している。

新パーク構想は4月下旬〜5月上旬の発表を目指して、詳細な検討を進めている。既存の駐車場を立体化して空いた敷地に建設する予定だ。
参考:news.goo.ne.jp

オリエンタルランドは速攻で観測記事を潰しにかかる

オリエンタルランドは速攻で観測記事を潰しにかかる潰しが早いですな…

(信憑性が増すぜ…)

おすすめ記事

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。 その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。 バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

東京都白金で78歳男性が運転する車が男性をはねて店に特攻突っ込み!被害者は死亡

また、老人による神風アタックで …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.