ホーム / ニュース / F1がグリッドガール廃止の代わりに「グリッドキッズ」導入を正式発表

F1がグリッドガール廃止の代わりに「グリッドキッズ」導入を正式発表

F1がグリッドガール廃止の代わりに「グリッドキッズ」導入を正式発表先日、F1(フォーミュラ1)が2018年シーズンからグリッドガールを廃止することを発表しました。この発表は世界中で話題となりました。

そして、2月5日に廃止したグリッドガールに代わって、「グリッドキッズ」を導入すると発表しました。

グリッドキッズは日本でも、全日本F3選手権等で採用されていています。

グリッドキッズは自動車レースに関わる子供達の中からくじ引き等で選ばれて、実際にF1ドライバー達とともにグリッド上に立つことが出来る。

子供にとってはとても貴重で、有益な体験になりそうだね。営利的な気持ちも殆ど無いだろうし、純粋にレース、自動車が好きな子供がグリッドに立てるようになるのは素晴らしい。

グリッドキッズの中から、将来自動車業界に大きな影響を与えてくれるキッズが現れる可能性もあるだろうし。

F1、グリッドガール廃止に代わって『グリッドキッズ』の導入を正式発表

FIAフォーミュラワン世界選手権は2月5日、廃止を決定したグリッドガールに代わって、2018年から『グリッドキッズ』を導入すると発表した。

F1のコマーシャル・オペレーション・ディレクターのショーン・ブラッチスは「これは子どもたちにとって特別な瞬間になるはずだ。彼らはヒーローのそばに立ち、モータースポーツのエリートたちが進める準備を見る貴重な数分間を体験できるはずだ」と語った。

「彼ら自身がいつかその場にいられるように、ドライビングやトレーニング、習熟を続けるインスピレーションになるだろう」
参考:as-web.jp

おすすめ記事

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。 その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。 バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

クルマのブレーキパッドの代わりに携帯電話を使ってみた結果→衝撃の姿に

まず携帯電話を代わりに使うって …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.