ホーム / ニュース / F1がレースクイーン・グリッドガールを廃止「現代の社会規範にそぐわない」

F1がレースクイーン・グリッドガールを廃止「現代の社会規範にそぐわない」

自動車レースの最高峰「F1」は2018年シーズンからレースクイーン(グリッドガール)を廃止することを発表しました。

廃止の主な理由は、露出度の高い衣装を着た女性が歩き回る習慣は「現代の社会規範にそぐわない」としています。

人権やらなんやら絡んでくると途端にめんどくさくなるよね。

でも、1つ確実に言えることは、女性の社会進出を世界的にプッシュしているのに「女性から1つの職業を奪った」と言うこと。

やりたくてやっている人がいて、それを楽しみにしている人がいる。

超単純な需要と供給が成り立って、出来ていた仕事を奪ったのは残念だ。

もし、女性の社会規範というのが「女性の魅力を性的な魅力として捉えないで」ということなら、人間の根本的な設計から見直さないといけない。

まさに神のみぞ出来ることなので、何か最近のこういう動きには違和感を感じる。

F1がレースクイーン廃止「現代の社会規範にそぐわない」

自動車レースのF1は現地時間31日、公式サイトで今シーズンからレースクイーン(グリッドガール)を廃止することを発表した。

廃止理由として、露出度の高い衣装を着た女性がレース前にスタート地点付近を歩き回る慣習は「現代の社会規範にそぐわない」としている。レースクイーンに対しては近年、「女性蔑視ではないか」という社会的な批判の声が寄せられていた。
参考:headlines.yahoo.co.jp

おすすめ記事

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。 その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。 バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

大阪で日曜昼間から1000台以上の暴走族が集団で大暴走!大阪住民激怒

世紀末過ぎるぜ…大阪… 201 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.