F1がレースクイーン・グリッドガールを廃止「現代の社会規範にそぐわない」

自動車レースの最高峰「F1」は2018年シーズンからレースクイーン(グリッドガール)を廃止することを発表しました。

廃止の主な理由は、露出度の高い衣装を着た女性が歩き回る習慣は「現代の社会規範にそぐわない」としています。

人権やらなんやら絡んでくると途端にめんどくさくなるよね。

でも、1つ確実に言えることは、女性の社会進出を世界的にプッシュしているのに「女性から1つの職業を奪った」と言うこと。

やりたくてやっている人がいて、それを楽しみにしている人がいる。

超単純な需要と供給が成り立って、出来ていた仕事を奪ったのは残念だ。

もし、女性の社会規範というのが「女性の魅力を性的な魅力として捉えないで」ということなら、人間の根本的な設計から見直さないといけない。

まさに神のみぞ出来ることなので、何か最近のこういう動きには違和感を感じる。

F1がレースクイーン廃止「現代の社会規範にそぐわない」

自動車レースのF1は現地時間31日、公式サイトで今シーズンからレースクイーン(グリッドガール)を廃止することを発表した。

廃止理由として、露出度の高い衣装を着た女性がレース前にスタート地点付近を歩き回る慣習は「現代の社会規範にそぐわない」としている。レースクイーンに対しては近年、「女性蔑視ではないか」という社会的な批判の声が寄せられていた。
参考:headlines.yahoo.co.jp

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

埼玉県で殺人級のヤバすぎるあおり運転!バイクに親でも殺された勢いで殺しに行く車

埼玉県深谷市の国道17号線で、 …

神奈川県厚木市でプリウスにハコ乗りで暴走しながらイキリまくってしまう!気分良くなりマスク投げ捨ても

2021年4月4日、神奈川県厚 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.