ホーム / ニュース / 2020年東京五輪の入場券価格発表!開会式は30万円で競技は2,500円から13万円まで チケット価格一覧 まとめ

2020年東京五輪の入場券価格発表!開会式は30万円で競技は2,500円から13万円まで チケット価格一覧 まとめ

2020年東京五輪の入場券価格発表!開会式は30万円で競技は2,500円から13万円まで開会式は30万円!前は15万上限って言ってたのに倍になったね…

いよいよ2年後に迫った、2020年に日本・東京で開催予定の東京オリンピック観戦チケットの価格が決まり、現在詳細が決まっていないサーフィンを除く競技と式典の価格帯が発表されました。

一般のチケットで最も高いのは開会式の30万円で、最も安いのは観戦チケットで2,500円の設定です。ただし、観戦チケットは13万円まで幅があります。

組織委によると、全体でも半数以上のチケットは8,000円以下で購入できると話しています。

しかし開会式の価格設定に関しては、過去様々な大会と比べても異常に高かったと言われた、「ロンドンオリンピック」の開会式チケット価格2,012ポンド(当時約26万円)を大幅に超える価格設定となりました。

いったいなぜ、ここまで高額になってしまったのでしょうか?

こちらの記事もどうぞ

東京オリンピックの競技別チケット価格 一覧

東京オリンピックの競技別チケット価格 一覧参考:nikkei.com

2013年には「チケットの6割は4,400円以下にする」と発表

2013年の記事では、開会式が25,000円から150,000円陸上や水泳といった人気競技の決勝などで最高3万円になる見込みで、チケット全体の平均価格は7,700円約60%は4,400円以下にすると話していましたが、開会式の最高金額は2倍という価格設定になってしまい、陸上は最高13万円で、競泳は最高108,000円という大幅な値上げが行われたようです。

5年間で物価は大幅に上昇してしまったのでしょうか?
参考:nikkei.com

過去大会の開会式チケット価格

  1. 2002年のマンチェスター・コモンウェルスゲームズ:全部共通価格で160英ポンド(約2万円)
  2. 2004年のアテネオリンピック:最安値は43英ポンド(約5500円)、最高値は833英ポンド(約10万7000円)
  3. 2008年の北京オリンピック:最安値は19英ポンド(約2400円)、最高値は469英ポンド(約6万円)
  4. 2010年の南アフリカワールドカップ:最安値は44英ポンド(約5600円)、最高値は280英ポンド(約3万6000円)
  5. 2012年のロンドンオリンピック:最安値は20.12英ポンド(約2500円)、最高値は2012英ポンド(約25万9000円)

参考:gigazine.net

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

SOCOMの最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!

TwitterでSOCOMをフォローしよう!

About SOCOM

横浜生まれ横浜育ち!GTASAをきっかけに2006年1月にブログを立ち上げ、当時はGTASAを中心に様々な記事でゲームを紹介していました。 その後、動画制作や写真撮影・編集、音楽制作等に興味を持ち始めて、広く深く様々なジャンルに手を出していきました。 バイクや自動車、ゲーム関係のジャンルが得意なのでその分野で読者の皆さんの役に立つ記事を書いていきたいと思います。

この記事もチェック!

札幌の爆発事故 アパマンショップ店長が信じられないほどバカすぎる方法でスプレーを焚いてた事が判明

2018年12月16日に、札幌 …

コメントを残す

認証コード Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.