2020年東京五輪の入場券価格発表!開会式は30万円で競技は2,500円から13万円まで チケット価格一覧 まとめ

2020年東京五輪の入場券価格発表!開会式は30万円で競技は2,500円から13万円まで開会式は30万円!前は15万上限って言ってたのに倍になったね…

いよいよ2年後に迫った、2020年に日本・東京で開催予定の東京オリンピック観戦チケットの価格が決まり、現在詳細が決まっていないサーフィンを除く競技と式典の価格帯が発表されました。

一般のチケットで最も高いのは開会式の30万円で、最も安いのは観戦チケットで2,500円の設定です。ただし、観戦チケットは13万円まで幅があります。

組織委によると、全体でも半数以上のチケットは8,000円以下で購入できると話しています。

しかし開会式の価格設定に関しては、過去様々な大会と比べても異常に高かったと言われた、「ロンドンオリンピック」の開会式チケット価格2,012ポンド(当時約26万円)を大幅に超える価格設定となりました。

いったいなぜ、ここまで高額になってしまったのでしょうか?

こちらの記事もオススメです!

東京オリンピックの競技別チケット価格 一覧

東京オリンピックの競技別チケット価格 一覧参考:nikkei.com

テレワーク・ゲームに必須の光回線
実測速度調査No.1の auひかり

他社から乗り換えで最大55,000円上乗せ還元

安くて早いKDDIの光回線≪auひかり≫のお申込はコチラ♪

今なら当サイトから入会で

初期工事費実質無料最大131,000円還元中

電子書籍のレンタルサイト
読みたい時にすぐ借りられる

全巻「無料サンプル」つき!

電子貸本Renta!

毎日おトクなスタンプがもらえる

コミック等が48時間100円から楽しめる

2013年には「チケットの6割は4,400円以下にする」と発表

2013年の記事では、開会式が25,000円から150,000円陸上や水泳といった人気競技の決勝などで最高3万円になる見込みで、チケット全体の平均価格は7,700円約60%は4,400円以下にすると話していましたが、開会式の最高金額は2倍という価格設定になってしまい、陸上は最高13万円で、競泳は最高108,000円という大幅な値上げが行われたようです。

5年間で物価は大幅に上昇してしまったのでしょうか?
参考:nikkei.com

過去大会の開会式チケット価格

  • 2002年のマンチェスター・コモンウェルスゲームズ:全部共通価格で160英ポンド(約2万円)
  • 2004年のアテネオリンピック:最安値は43英ポンド(約5500円)、最高値は833英ポンド(約10万7000円)
  • 2008年の北京オリンピック:最安値は19英ポンド(約2400円)、最高値は469英ポンド(約6万円)
  • 2010年の南アフリカワールドカップ:最安値は44英ポンド(約5600円)、最高値は280英ポンド(約3万6000円)
  • 2012年のロンドンオリンピック:最安値は20.12英ポンド(約2500円)、最高値は2012英ポンド(約25万9000円)

参考:gigazine.net

オリンピック経済幻想論 ~2020年東京五輪で日本が失うもの~

オリンピック経済幻想論 ~2020年東京五輪で日本が失うもの~

アンドリュー・ジンバリスト
1,728円(05/25 04:15時点)
Amazonの情報を掲載しています

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事もチェック!

山口県阿武町が法的に確保した4299万円は今後クレジット・サラ金業者と町側で取り合いか

2022年5月24日、山口県阿 …

佐川急便に荷物を破損されその後も対応が酷いと報告したデザフェス出展者に賛否両論の声

2022年5月21・22日に東 …

コメントを残す

This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.